もはや結納なしが普通!?結婚のしきたり

貴方は結婚の前に結納をおこないましたか?貴方のまわりで、結婚する前に結納をしたという方はどのくらいいますか?実は、全国的には「しない」という方が激増中な事をご存じでしょうか。地方別に実施率を見てみると、最もする率の高い九州地方でも約50%と、2組に1組程度の実施率となっています。最も実施率の高い地方でも半数がしない事を選んでいるというのは、びっくりしますね。

実施率が最も低いのは北海道で、6組に1組程度。首都圏や東海地方では5組に1組程度と、こちらもかなり低い実施率になっています。北海道は合理性を良しとする文化が色濃くある事、首都圏では全国各地から進学や就職で集まる方との出会いがあるため両家が遠すぎる事があるといった理由が、実施率の低い原因となっていそうです。

しない理由は?結納をしない理由としては、「面倒くさい」「お金がかかる」「両家が遠いので負担が大きい」「堅苦しいのが苦手」「両家のしきたりが合わず、しないほうが無難そうだった」といった回答が多く見受けられます。確かに、するとなれば両家で日時を決め、会場や記念品、縁起物を支度し、両家一同揃って行わなければなりません。お金も時間もかかる為、その時間を結婚式や新居の準備に使いたいという方も多い様子です。しない代わりに、顔合わせの食事会をしたという方も。

これも、個室の高級和食店を予約したという方から、どちらかの自宅で集まって手作りの食事を食べたというアットホームなものまでさまざま。これから親族になる方たちと顔を合わせ、話をして関係を深めるという一番大事なところさえ押さえていれば、形式にはこだわらなくともよいというお家が増えているようです。

逆に、してよかった!という方の中には「きちんとけじめをつける事で、結婚に真剣になれた」「略式にし、記念写真を撮った程度だが、一生一度の事で後からしようと思ってもできないので思い出に残る」といった意見も。結納をするかしないかについては、両家でよく話し合って、後悔の少ない方法を選ぶのが良いようですね。

お呼ばれの髪型、どうしよう?不器用さんでもできるヘアアレンジ

結婚式のお呼ばれ、嬉しいけれど準備が大変。と、悩む方も多いのではないでしょうか。フォーマルの場では、髪は纏めるのが大人女性のマナー。美容院や式場でヘアセットをお願いする事もできますが、服装やご祝儀でもお金がかかるしできればコストを抑えたいという貴女に、三つ編み、難しい!という超不器用さんでもできる、簡単できちんと見えるヘアアレンジをお教えします!

ロングの方におすすめ、100均アイテムで夜会巻き100均に、「夜会巻きコーム」という商品がある事をご存じでしょうか?夜会巻きは大人っぽく上品に仕上がりますし、ドレスにも和装にも合う万能ヘアスタイル。コーム一つで出来るのも嬉しいですね。髪の毛を全てまとめてねじり、毛先を上に持ち上げて、コームで止めるだけで出来上がります。髪の毛が長い方は、後頭部で半分に折り曲げて、毛先が内側にくるようまとめてからコームで止めます。

コームのパッケージにも巻き方が記載されていますので、ぜひ参考にしてください。少し器用な方でしたら、ねじる前にいくつか三つ編みをしておくと更に華やかになるのでオススメです。

おとぎ話のお姫様みたい?ギブソンタックヘアゴム、ピン、固定用のヘアスプレーがあれば作れる可愛いまとめ髪のギブソンタック。髪の毛を後ろで一つに縛り、少しゴムを緩めてゴムよりも頭側の髪を二つにわけ、隙間に毛先を通して巻き付けピンで留めると出来上がりです。髪の毛の長い方は、何度か巻き付けてください。最初は難しく感じるかもしれませんが、三つ編みが苦手というレベルの方でも少し練習したらギブソンタックなら作れたという方が多いようです。

簡単なのにとても可愛いですし、上品に見えますのでとってもおすすめですよ。どうしても上手にピンで留められない場合には、可愛い飾りのついたバレッタやヘアクリップをつけて止めるといいでしょう。夜会巻きもギブソンタックも、最初にヘアワックスを塗っておく事で上手にまとめる事ができますのでお忘れなく。

手持ちにヘアワックスがない方は、ボディークリームやハンドクリームを少量手のひらに広げて塗っても同様の効果があります。最後に固定用のヘアスプレーをしておくこともお忘れなく。固定ヘアスプレーをしておけば、披露宴の最中に「髪が落ちてきてしまった!」という悲劇を防げます。

目指せフォーマル美人!ドレスの上品な着こなし方

最近、結婚式で「水商売の方?」と聞きたくなるような着こなしの方、増えていませんか?「昔と違って、今はマナーもそんなに厳しくなくて大丈夫」という声も見受けられますし、お洒落に装いたいという女心も判りますが、冠婚葬祭の場でお水系のいで立ちはいただけません。大人の女性の上品な着こなしで、お水系とは一味違うフォーマルなお洒落を楽しみましょう。

重要なのは、露出度!長いスカートは野暮ったい。足が太く見える。だからいつもミニスカートなのという貴女。フォーマルの場では、成人した女性は膝を隠すものなんです!膝小僧がぎりぎり隠れるくらい、もしくはふくらはぎが半分隠れるくらいのスカート丈は、女性を上品にお嬢様のようにみせてくれますよ。服装は、昼ならばアフタヌーンドレスが最適になります。

アフタヌーンドレスとは、胸元があまり開いていない、ひざ丈もしくはふくらはぎの半分の丈の、上品なワンピースタイプのドレスの事。これに、7分丈くらいのボレロを合わせ、光らないアクセサリーをつけるのが、昼のお式でのベストな服装になります。平服でお越しくださいと招待状に書いてある場合やカジュアルな披露宴でしたら、袖の短いタイプの華やかなドレスやきれいめのワンピースにショールなどで二の腕の半分程度まで隠すというスタイルでもOKとなります。肩が丸出しになるのはNG。

特にチャペルウェディングの場合、肩が丸出しになるようなドレスだと入場を拒否され、式場に用意されている上着を羽織る事になりお洒落台無しという場合もありますのでご注意ください。脚はベージュのストッキングと、つま先のでないパンプスを。ミュールやサンダルでは、一気にコーディネートの品が下がってしまいます。正装を指定された場合には、女性はかかとの隠れるロング丈の、胸元のあいたロングドレスが正装になりますが、正装指定の結婚式は現代では一般的ではありません。

正装時以外は、長すぎるドレスはかえって下品なコーディネートになってしまう場合がありますので避けた方が無難でしょう。素敵なドレスで上品に装って、フォーマル美人を目指しましょう!

結婚指輪はなしでOK!?イマドキの指輪事情

結婚指輪していますか?「持っているけれど、仕事でつけられない」「妊娠出産で指が太ってつけられなくなってしまった」「普段アクセサリーをしないので、すると違和感しかない」など、さまざまな理由で結婚指輪をしない方が増えています。確かに、飲食店や医療関係など、指輪がNGとなる職場は多いですよね。仕事の度につけ外しするのは大変だし、無くしてしまう可能性も高くなりますので、購入はするけれど日常的にはつけられないといった場合はチェーンに通してネックレスにしてしまうのが良いかもしれません。

そもそも購入しないというカップルも、最近は少なくありません。代わりに腕時計などの日常的に使える記念品を交換するという場合もあれば、その分の費用で少し新婚旅行を豪華にした、新居費用にまわしたなんていう堅実派な方もいて、イマドキは結婚指輪なしのご夫婦も珍しくはないようですね。しかし、結婚式の時に指輪がなくても大丈夫なのでしょうか?結婚指輪がなくては指輪交換ができません。購入しないカップルの解決法としては、低価格のファッションリングで指輪交換をしたカップルや、なかには親族から式の時だけ借りた!なんていうつわものも。

実は結婚式場では、神前式、人前式でも、指輪がない場合にはそのように伝えれば指輪なしの進行プランでお式を行ってくれるそう。指輪は購入しない、指輪交換も不要という方は、プランナーさんに相談してみてくださいね。必要な物にはお金をかけるけれど、必要ないものを見栄や外聞だけで買う事はしない。イマドキのカップルには、そんな価値観の方が増えているようです。指輪だけに限らず、披露宴では招待客の皆さまに満足して貰いたいので食事は一番良い物を、その代わりにペーパーアイテムは手作りで節約、ドレスも一番低価格のものでOK!というような方もいて、自分が大切にする部分と、妥協できる部分をよく考慮の上でプランニングされています。

貴方は、結婚式で何にお金をかけたいですか?予算に限りがあるのに、出費は嵩みがちな結婚式と新居準備。よく考えて、素敵な門出になりますよう!

婚約したけど、今までとなにも変わらない?

彼からのプロポーズを受け、婚約指輪も貰ったけれど、今までと何かが違うわけでもなく、2人だけの口約束ではなんだか不安だという方も少なからずおられると思います。今までの生活とそれほど変化のないものであれば、そう思うのも当然かもしれません。そんな不安を取り除き、公に婚約を認めてもらうための儀式が、結納です。

《親戚付き合いの第一歩》
最近では結納を行わないという方も増えてきていますが、結婚する2人は良いとしても、両親としては、家族になることのきっかけともなりますし、結婚する2人が改めて決意を固める場ともなりますので、2人だけで決めずに両親とも話し合った方が良いでしょう。その際に決してただの挨拶ではないため、なにかと準備に手間がかかるうえ、お金もかかります。予算として、安くても5万円から、凝ったものにすると20万円ほどとなります。あとに控える結婚式や披露宴、新婚旅行などを考えると、なるべく節約したいところです。もちろん、儀式自体は、2人の婚約を互いの両親が認めるという事が目的ですので、形式にとらわれない形としてもなんら問題はありません。

《お食事会で済ませるケースもあります》
最近では両親を誘ってお食事会で挨拶するというケースも増えています。レストランや料亭など、細かい決まりはありませんが、互いが集まりやすい場所、時間は確かめておきましょう。結婚式会場の下見も兼ねて、式場のレストランを利用するという方も増えていますので、こちらもおすすめです。食事も特に決まりがないので、両家が好きな食べ物で良いでしょう。予算は一人当たり1万円前後が多く、食事代自体は両家がそれぞれ自分たちの分を払うケースが多いようです。男性側は、略式でも構わないので結納品を用意しておきましょう。略式の場合、婚約指輪や記念品で済ませるという場合もあります。結婚を約束しからには、お互いの家族を含め、コミュニケーションをしっかりと取りながら、着実に結婚に向けて歩んで行きましょう。

結婚式に、ひと手間加えた好印象のヘアスタイルを

結婚式に出席する際、ドレスはもちろんですが、髪型というのもひとつの大きなポイントとなります。ドレスと違って、座っているときであっても、注目されるポイントですから、ひと手間加えて、誰からもしっかりしていると思われるヘアスタイルで臨みたいものですよね。ここで、きちんとしていると思われるためのヘアスタイルをご紹介いたします。

《ダウンスタイルは、上級者向け》
式におけるヘアスタイルというのは、多くの人に目に留まる部分ですので、決して、手は抜けない部分ですが、その中でもダウンスタイルは、見る人によっては印象がまるで違ういわば上級者向けのヘアスタイルとなります。決して、ダウンスタイルがダメというわけではありません。良い印象を持たせるのが難しいスタイルだというだけですので、アップスタイル、ハーフアップスタイルが無難でしょう。アップスタイルにすることで、きちんとしているという印象をあたえられますし、首元のアクセサリーもしっかりと見せられるのでおすすめです。

《ハーフアップスタイルは、小顔効果も?》
アップスタイルもおすすめですが、なにかと人気なのが、ハーフアップスタイル。いろいろな髪の長さに対応できる点も、多くの方から人気の理由です。ふわっと髪を巻いてから、あげたい部分を結びあげるだけで簡単に仕上げることもできます。サイドは少し下げておけば、小顔効果も期待できます。ただし、アップスタイルも、ハーフアップスタイルもどちらも気を付けてほしいのが、食事の際に髪が崩れてしまわないかということ。一度、セットした後、下を向いて、髪が垂れてこないかを確認しましょう。

《上級者向けダウンスタイルは、二次会におすすめ》
ダウンスタイルは、どうしても普段の髪型から印象が変わらず、少し式にはそぐわない印象ですが、普段のナチュラルな印象は、披露宴後の二次会にはおすすめです。披露宴から二次会までは、多くの場合、時間が空くものですから、そのときにセットしなおすのも1つの手です。ポイントは、前髪からサイドに流れるような一体感を付けること。ヘアピンやカチューシャなどでとどめておけば、お辞儀の際にも前髪が崩れるという事を防げますし、アクセサリーがワンポイントとなり、いつものラフな印象は避けられるでしょう。TPOをわきまえたヘアアレンジで、きちんとした印象を持ってもらえるよう、心がけるようにしてください。

結婚式お呼ばれ服装のマナーとNGポイント!

結婚式にお呼ばれし、もっとも気を付けたいのがどういった服装でいけばいいのかという事ですよね。男性であれば、フォーマルな黒のスーツに、白いネクタイ。または、グレーや紺のシックな色合いで、格式に合わせた礼服と、わかりやすいのですが、女性の場合は、ちょっとしたことでNGとされてしまいがちなので、注意が必要です。式の主役である花嫁より目立ってしまうのは当然、NGとして、どういった服装であれば望ましいのかをご紹介いたします。

《白ドレスは花嫁さんの色なのでタブーです》
白だけでなく、薄いベージュやシルバーなども、写真に写ったときや光の当たり形で白く見えることがあるので、基本的には避けたほうが良いでしょう。ただし、羽織ものやバッグ、靴などを黒などで統一することで、全身が白を避ければ大丈夫です。逆に、全身が黒い衣装でも喪服をイメージしてしまうため、NGとされています。こちらも、部分的に白を取り入れることで、喪服のようなイメージを避けましょう。また、肌を露出する衣装は基本的にNGとされています。肩や生足を露出させると、どうしても品がなく見られ、水商売を連想されてしまうため、羽織ものやベージュ色のナチュラルなストッキングなどを使用しましょう。黒やベージュの組み合わせは、幅広い年齢にあった落ち着いた印象を与えるのでおすすめです。また、上品なブルーやフリル付きの羽織ものなどもおすすめです。花嫁より目立ってはいけませんが、新郎新婦の晴れの舞台ですから、衣装選びには細心の注意を払いたいものです。

《まずは、色を決めましょう》
最初に決めたいのが、何色を基調としたドレスを着るかです。着る方の年齢にもよりますが、紺色や上品なブルー、または淡いピンクなどが人気です。20代であれば、少し明るいピンクを基調として、羽織ものやバッグに落ち着いた黒を合わせることで、若さと落ち着きを演出することができるでしょう。逆に、暗めの色で統一してしまうと、かえって落ち着きすぎた印象を与えかねないので、華やかな式場ではかえって目立ってしまうかもしれません。30代以降、もっと年齢を重ねたうえで、紺色や淡いベージュ、肌にあった薄いピンクなどを基調とするのが良いでしょう。毛皮や革製品は、NGです。理由として、殺生をイメージさせるものであるからとされています。イメージもありますが、披露宴会場では、多くの方が食事をされる場所でもあるため、毛皮やファーであると、その毛が抜け落ち、料理の中に落ちたり、人の口に入ってしまう場合がありますので、避けたほうが良いとされています。また、花嫁のお色直し後の衣装と色がかぶってしまう事も避けたいものです。可能であれば、事前にお色直し後の色を確認しておくとよいでしょう。

婚約から結婚式まで、その証のリングはどう選べばいいの?

結婚の象徴ともいえる婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は、実は宝石の種類や価格まで、まったく違うものだという事を知っていますか?プロポーズを決めてから、結婚のその日まで、2人の愛の証となるリングですから、きちんとした準備して、幸せな結婚式を迎えたいものですね。そんな大切なリングの事ですから、どういったものが喜ばれるのぜひ知っておきたいですよね。

《エンゲージリングはダイヤモンドが定番》
エンゲージリングは、婚約の証として、男性から女性に渡すリングですが、既製品であったり、いくつかのパターンから選ぶセミオーダー、または世界に1つだけのオーダーメイドと様々なデザインから選ぶことができます。ジュエリーブランドショップに相談し、予算からどういったものが良いか、検討するとよいでしょう。最低でも2店舗は回って、比較したいものです。中でも人気なのが、やはりダイヤモンドを使ったリングです。ダイヤモンドは、最も硬い石として、2人の固いきずなを。光り輝く姿から、純粋な愛や想いを表すのにもっとも適した宝石とされています。しかし、やはり値段が張るものですから、慎重に選びたいものです。宝石を決めて、土台となる素材を決めて、何カラットで、どのようにカットしてもらうか。予算は、平均で30万ほどとされています。よく、給料の三カ月分とされますが、最近ではそれほど高価なものでなくてもよいとされています。相手に喜んでもらうため、気持ちを伝えるためにも、心血を注いで選ぶよう心がけましょう。

《マリッジリングはお互いの愛の証》
結婚式で交換し、互いの愛を誓いあうためのマリッジリングは、実はエンゲージリングと比べると予算は抑えめの場合がほとんどです。普段から指にはめておくこともあり、派手な装飾のものは好まれず、シンプルなデザインが人気です。リングの内側に、記念日、互いの名前などを掘ることで、世界に1つだけの2人の愛の証となりますが、実は作るのに結構時間がかかります。エンゲージリング同様、既製品から選んだり、セミオーダー、オーダーメイドと、様々ですが、オーダーメイドとなると2カ月ほどかかることもありますので、式の予定が決まる前にはめどが立っているようにしたいものです。ちなみに、マリッジリングの予算は、2つで30万円前後が平均的ですが、前述したエンゲージリングもそうですが、金額がすべてではありませんので、できる範囲での気持ちが伝わる記念品にしましょう。

「結納はした方よいのか?」

結婚が決まったら、両親へのあいさつから、婚約届の提出、そして結婚式の準備といろいろな工程を踏んでいくものです。その中に「結納」という行事があります。これは必ず行わなければならないものではありませんが、一般的に行った方がよいのでしょうか?実は最近のカップルは、7割近くが行わないという結果になっているのです。

そもそも結納とは何なのか、という所から説明していきたいと思います。婚約を公表し両家の間でしっかりと約束をする行事のことを言います。しかし決まったスタイルはありません。女性の自宅で行う伝統的で正式な方法もありますが、記念品の交換や食事会の顔合わせで済ますこともあります。自分たちの予算に合わせて無理のないように行うのがよいです。

お互いの両親にも参加してもらうものなので、両親の意見や要望も聞き入れるとより円満に行うことができます。またその地域独自のしきたりがあったりもします。ただ、ここでは一般的な三つの形式を紹介したいと思います。最初は「正式結納」です。仲人が両家に訪れて、一定の形式で金品を贈る儀式となります。

もともとは帯や着物地などで縁起物を添えて贈るのですが、現代は結納金を贈るのが一般的となっております。次は「略式結納」です。仲人は立たずに、男性が女性のお宅に訪問し、金品を贈る儀式です。現代で行うのはほとんどがこの形式となっております。稀にホテルや料亭、またはレストランなどで行うこともあります。

自分でする準備が最低限で済むので、時間がない方はこちらをおすすめします。最後に、「食事会または顔合わせ」です。きっちりとした形式ではないけれども、両親の顔合わせも兼ねて両家で食事の席を設けます。この時に、男性が婚約指輪を贈り、女性は腕時計やカフスボタンなど、お互いに記念品を交換する人もおります。

最近の若い人たちは、ほとんど行うことがなくなってきましたが、それでも日本古来よりある習慣なので、できれば行いたいところです。あまりしっかりとしたものでなくてもよいので、簡単な形式だったり、食事会を兼ねて、早めに済ませておくことをおすすめします。

「結婚式に相応しい髪形」

結婚式に呼ばれた女性の方は、その日着ていく衣装が一番の悩みの種ではないでしょうか。ただ、それもさることながら、意外と大変なのがヘアスタイルの準備です。あまり前もって準備する訳にはいきませんし、普段通りで参加するわけにもいかないので、難しいところです。

どんなヘアースタイルが相応しいのか、いくつか紹介したいきたいと思います。避けたいものは、髪を下ろした、いわゆるダウンスタイルです。ダウンスタイル自体、普段の生活では問題ありません。しかし、結婚式はこれだけの準備をしました、と相手に伝えることで喜びを表現するものです。

下ろしたままだと、挙式に合わせてあまり準備をしてこなかったと思われる可能性もあります。もちろんダウンスタイルでも、美容院でしっかりとセットしてもらえば、見栄えはよくなります。ただよほど美容師の腕がよくないと難しいので、自信がない場合は避けるようにしましょう。基本的には髪を上げたスタイルが一般的でより好まれます。

例えば後ろ髪に編み込みを入れてみたり、ふわっとさせてボリューム感を出したりすると、より華やかに見えます。お団子にしたり、ポニーテールなどもかわいらしくておすすめです。ただ、自分の年齢に不相応のものはNGです。あまり変に目立ちすぎないように、自然な髪型にするのが理想的です。

ここで一番気をつけたいのが、先ほども述べましたが、目立ちすぎないことです。挙式の主役は花嫁です。花嫁より目立つことがあってはなりません。また、髪型がかぶってしまうこともNGです。自然と周りに溶け込みつつ、普段よりもおしゃれ感を出せるようなものを選ぶようにしましょう。

リボンやクリップなどで髪を留めるのも、普段と違いすてきに見えます。いかかでしたか。やはり女性は何かと大変です。服装からヘアースタイルまで、一工夫しなければなりません。ただ、結婚式は写真が残るものなので、できる限り清楚でおしゃれな格好で参加するのが好ましいです。もし自分でどんな髪型にすればよいのか分からない場合は、普段通っている美容室に相談するのもありです。とにかくいつもと違うもので挙式に参加するようにしましょう。