目指せフォーマル美人!ドレスの上品な着こなし方

最近、結婚式で「水商売の方?」と聞きたくなるような着こなしの方、増えていませんか?「昔と違って、今はマナーもそんなに厳しくなくて大丈夫」という声も見受けられますし、お洒落に装いたいという女心も判りますが、冠婚葬祭の場でお水系のいで立ちはいただけません。大人の女性の上品な着こなしで、お水系とは一味違うフォーマルなお洒落を楽しみましょう。

重要なのは、露出度!長いスカートは野暮ったい。足が太く見える。だからいつもミニスカートなのという貴女。フォーマルの場では、成人した女性は膝を隠すものなんです!膝小僧がぎりぎり隠れるくらい、もしくはふくらはぎが半分隠れるくらいのスカート丈は、女性を上品にお嬢様のようにみせてくれますよ。服装は、昼ならばアフタヌーンドレスが最適になります。

アフタヌーンドレスとは、胸元があまり開いていない、ひざ丈もしくはふくらはぎの半分の丈の、上品なワンピースタイプのドレスの事。これに、7分丈くらいのボレロを合わせ、光らないアクセサリーをつけるのが、昼のお式でのベストな服装になります。平服でお越しくださいと招待状に書いてある場合やカジュアルな披露宴でしたら、袖の短いタイプの華やかなドレスやきれいめのワンピースにショールなどで二の腕の半分程度まで隠すというスタイルでもOKとなります。肩が丸出しになるのはNG。

特にチャペルウェディングの場合、肩が丸出しになるようなドレスだと入場を拒否され、式場に用意されている上着を羽織る事になりお洒落台無しという場合もありますのでご注意ください。脚はベージュのストッキングと、つま先のでないパンプスを。ミュールやサンダルでは、一気にコーディネートの品が下がってしまいます。正装を指定された場合には、女性はかかとの隠れるロング丈の、胸元のあいたロングドレスが正装になりますが、正装指定の結婚式は現代では一般的ではありません。

正装時以外は、長すぎるドレスはかえって下品なコーディネートになってしまう場合がありますので避けた方が無難でしょう。素敵なドレスで上品に装って、フォーマル美人を目指しましょう!

結婚式お呼ばれ服装のマナーとNGポイント!

結婚式にお呼ばれし、もっとも気を付けたいのがどういった服装でいけばいいのかという事ですよね。男性であれば、フォーマルな黒のスーツに、白いネクタイ。または、グレーや紺のシックな色合いで、格式に合わせた礼服と、わかりやすいのですが、女性の場合は、ちょっとしたことでNGとされてしまいがちなので、注意が必要です。式の主役である花嫁より目立ってしまうのは当然、NGとして、どういった服装であれば望ましいのかをご紹介いたします。

《白ドレスは花嫁さんの色なのでタブーです》
白だけでなく、薄いベージュやシルバーなども、写真に写ったときや光の当たり形で白く見えることがあるので、基本的には避けたほうが良いでしょう。ただし、羽織ものやバッグ、靴などを黒などで統一することで、全身が白を避ければ大丈夫です。逆に、全身が黒い衣装でも喪服をイメージしてしまうため、NGとされています。こちらも、部分的に白を取り入れることで、喪服のようなイメージを避けましょう。また、肌を露出する衣装は基本的にNGとされています。肩や生足を露出させると、どうしても品がなく見られ、水商売を連想されてしまうため、羽織ものやベージュ色のナチュラルなストッキングなどを使用しましょう。黒やベージュの組み合わせは、幅広い年齢にあった落ち着いた印象を与えるのでおすすめです。また、上品なブルーやフリル付きの羽織ものなどもおすすめです。花嫁より目立ってはいけませんが、新郎新婦の晴れの舞台ですから、衣装選びには細心の注意を払いたいものです。

《まずは、色を決めましょう》
最初に決めたいのが、何色を基調としたドレスを着るかです。着る方の年齢にもよりますが、紺色や上品なブルー、または淡いピンクなどが人気です。20代であれば、少し明るいピンクを基調として、羽織ものやバッグに落ち着いた黒を合わせることで、若さと落ち着きを演出することができるでしょう。逆に、暗めの色で統一してしまうと、かえって落ち着きすぎた印象を与えかねないので、華やかな式場ではかえって目立ってしまうかもしれません。30代以降、もっと年齢を重ねたうえで、紺色や淡いベージュ、肌にあった薄いピンクなどを基調とするのが良いでしょう。毛皮や革製品は、NGです。理由として、殺生をイメージさせるものであるからとされています。イメージもありますが、披露宴会場では、多くの方が食事をされる場所でもあるため、毛皮やファーであると、その毛が抜け落ち、料理の中に落ちたり、人の口に入ってしまう場合がありますので、避けたほうが良いとされています。また、花嫁のお色直し後の衣装と色がかぶってしまう事も避けたいものです。可能であれば、事前にお色直し後の色を確認しておくとよいでしょう。

「ドレスは購入する?それともレンタルで済ます?」

結婚式で女性が着るものといえばドレスです。日本では普段着る機会が少ないため、結婚式ではそれを楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。花嫁の立場、もしくはゲストの立場の人は、購入するものなのか、それともレンタルで済ましているのか、少し気になるところです。実際はどうなのか、見ていきましょう。

まずは花嫁の立場から見てみます。ウェディングドレスは購入したのか、レンタルしたのかを調査すると、大半の人がレンタルで済ましたことがわかりました。85%近くの人が貸し衣装で済ませたという結果です。

これは費用ではなく、購入してもその後着る機会がない、置き場所に困るといった理由が多く挙げられておりました。購入した人は、15万円から20万円程の費用がかかったのに対して、レンタルは20万以上から25万以上と、レンタルの方が費用がかかっているのです。

購入した人は、自分の体にぴったりのものをオーダーメイドで作りたい人、とにかく自分好みのものを作りたい人というように、強いこだわりを持った人が多いようです。次にゲストの立場ではどうでしょうか。これは大半の人が購入する方を選んでおりました。中には、レンタルで借りられることを知らないという人も多くいらっしゃいます。

花嫁とは違い、購入したとしても15,000円前後で済むということもありますし、今後招待されることも多いので、自分で買う人が多いのです。ただ、結婚式では写真を撮りますので、毎回同じものを着るわけにはいきません。つまり何度も呼ばれる可能性がある人は、費用の負担が大きくなってしまいます。

レンタルですと、その時の流行りのものを選べる事、自分の体形の変化に対応できる事がメリットです。費用も10,000円以下で済みますので、おすすめの手段です。花嫁の人は一度しか着ないのでレンタルで済ます、ゲストの立場の人は何度か着る可能性があり費用もそこまで高くないので購入する、という傾向が強いことが分かりました。

どちらがよいということはありませんので、自分の財布の状況と相談しながら、自分に合った方法を採るのが良いでしょう。

結婚式のお呼ばれドレス

せっかくのご招待、可愛いドレスやワンピースでお祝い気分を盛り上げたいものですね。でも、だからといって場違いな服装でひんしゅくを買いたくはありません。自分も着ていて気持ちよく、かつお祝いの場にふさわしい服装の選び方を考えましょう。

一口に結婚式といっても、式を挙げる場所や、会場の雰囲気によって大きな違いがあります。その式がどんな所で、どんな規模で行われるのかなど、できるだけ具体的な情報を集め、式当日をイメージしましょう。もちろんそうは言っても共通のマナーというものがあります。

例えば、ドレスコードが平服でとなっていたら、それは「準礼服」や「略礼服」のことです。間違って普段着で行ってしまい、恥ずかしい思いをした…なんてことにならないように気をつけましょう。招待状を見ても、ちょっとよくわからないという場合は、一人で悩まず、一緒に出席するお友達や知人に確認してみましょう。

女性の場合、最低限のマナーとして、適度なドレスアップが必要になります。もちろん、主役の花嫁を超えるような、過度に派手な格好は望ましくありませんが、会場に花を添える存在になれたらいいですね。同じように考えると、メイクもきちんと感を出しつつも、派手すぎない仕上がりにすればOKです。さて、肝心のドレスですが、昼と夜とで違いがあります。

昼の式の場合、礼服であればアフタヌーンドレス、またはスーツ・ワンピースかツーピースになります。また、準礼服であればデイタイムドレスです。アクセサリーは基本的には光るものは避け、パールなど落ち着きのあるものを選びます。また、黒のタイツや柄タイツはNGです。ベージュのストッキングに5cm以上のヒールが基本です。

もちろん、花嫁さんのカラーである白はタブーです。また、クリームベージュやシルバーなどのものも、明るい小物と一緒に身に着けると、全身が白っぽく見えてしまいますから気をつけましょう。夜は、礼服としてはイブニングドレス、略礼装はカクテルドレス、ディナードレスとなります。

注意したい点として、夜の式では昼の式とは逆で、ダイヤモンドなどの宝石類がふさわしいアクセサリーになります。間違えないように気をつけましょう。ゲストは式の主役ではありませんが、新郎新婦をお祝いする気持ちを込めて、きちんとした服装で望みたいですね。

NGドレスを避けよう

友達、同僚、家族などが結婚するということで招待された場合、女性がまず考えるのは「何着て行こう」ではないでしょうか。結婚式は華やかでめでたい場所ですし、様々な方が招待客として集まるためマナーなどにも気をつけて、ふさわしい格好をする必要があります。

よく知られているNGとされる格好は全身が白っぽい服装です。白は花嫁さんの色とされているので、白でなくてもクリームやベージュ、シルバーなどももしもドレスだけを身につけるということであれば避けたほうがいいでしょう。

しかし、濃い色のバッグやクツを身につけたり、ボレロなどを暗めの色などで合わせるというコーディネートをすれば大丈夫な場合もあります。白いワンピースなどを着て行ってしまうと親族や友人から注意をされたりなど、恥ずかしい思いをしてしまうこともあるのです。

また最近は、特に若い人は結婚式に黒いドレスで行くことが多いようです。黒は落ち着きや控えめな印象を与えますが、全身真っ黒なコーディネートも良くありません。なぜかと言うと喪服をイメージさせるからです。

せっかくの華やかな場面ですので、服装も黒を基調にしつつも、羽織ものやアクセサリーバッグなどは明るい色と合わせることができます。みんなが黒や重たい色ばかり選んでしまうと、会場の雰囲気も重たくなってしまいます。

そして足に自信がないからと、黒のタイツやカラータイツ、網タイツ、そして素足はNGです。せっかく選んだドレスが素敵でも足元に気を配らなければマナー違反になってしまいます。当然のことながらブーツもNGです。ベージュのナチュラルストッキングに5cm以上のヒールを選びましょう。

このように避けるべき服装や色などを頭に入れておき、あとは自分の体型、年齢などに合わせて選んでいきましょう。自分が目立つことではなく、華やかながらも慎みのある服装を心がければ、結婚式に華を添えることができますし、楽しい思い出を作ることができるはずです。

あなたのマナーは大丈夫?結婚式の服装で気を付ける事

結婚式へのお呼ばれ。「服、どうしよう!?」と悩む方は少なくないのでは?冠婚葬祭では普段とは違うマナーが必要になる事も多いので、マナーを守りつつオシャレな服装をと思うと難しいですよね。マナーもオシャレもOKの、素敵な服でお祝いに参列しませんか。

実はNGアイテムがたくさん!服装マナー花嫁さんが白を着るから、ゲストは白い服装をしてはダメ。というのはご存じの方も多いでしょう。しかし、白以外にも思わぬNGアイテムがたくさんあるんです。ドレスの丈は、ミニスカートや逆に長すぎるマキシ丈はNG。膝が半分ほど隠れる程度がベターです。

肩や2の腕がむき出しになるのも不可ですので、袖ありの服にするかボレロやストールを着用しましょう。透け感のある素材を選べば、重たくならず華やかに決まりますよ。色は黒が無難と思ってしまいがちですが、全員が黒ではせっかくのお式が暗い雰囲気になってしまいますので、女性は色のある服装をおすすめします。

白いボレロはOKとされていますが、なるべくコンパクトなデザインのものを。写真では上半身だけが写る事も多いので、上半身が全て白に見えるような大きなサイズの白い上着は避けましょう。手持ちドレスのスカート丈が短い場合は、裾がレース素材のペチスカートを下に履く事で、あまりお金をかけずにスカート丈を程よく調整できます。

脚は肌色のストッキングに、つま先やかかとの出ないパンプスを履きましょう。手持ちのパンプスにクリップ式の飾りをつければ、あまりお金をかけずにぐっと華やかになりますよ。カラータイツや黒ストッキング、生足という方もたまにみられますが、実はNG。脚用ファンデーションを塗ってからストッキングを履くと、きれいな脚に見えますのでおすすめです。

失敗しやすいのが、ファーの小物。特に冬の時期はファーがオシャレに思えますが、ファー、クロコ、ヒョウ柄やゼブラ柄など動物柄の小物は殺生を連想させるためNGアイテムになります。できれば、フェイクファーも避けた方が無難です。

最近では、「少しくらいマナー違反でも大丈夫」という方も多くなってきていますが、列席のご親族にマナーに厳しいご年配の方がいる場合もあり、列席者の服装によっては新郎新婦の評価が下がってしまう事も。「大丈夫かな?」と心配しながらではお祝いに集中できませんよね。胸を張ってお祝いできる服装で、新郎新婦を心からお祝いしましょう!