結婚指輪はなしでOK!?イマドキの指輪事情

結婚指輪していますか?「持っているけれど、仕事でつけられない」「妊娠出産で指が太ってつけられなくなってしまった」「普段アクセサリーをしないので、すると違和感しかない」など、さまざまな理由で結婚指輪をしない方が増えています。確かに、飲食店や医療関係など、指輪がNGとなる職場は多いですよね。仕事の度につけ外しするのは大変だし、無くしてしまう可能性も高くなりますので、購入はするけれど日常的にはつけられないといった場合はチェーンに通してネックレスにしてしまうのが良いかもしれません。

そもそも購入しないというカップルも、最近は少なくありません。代わりに腕時計などの日常的に使える記念品を交換するという場合もあれば、その分の費用で少し新婚旅行を豪華にした、新居費用にまわしたなんていう堅実派な方もいて、イマドキは結婚指輪なしのご夫婦も珍しくはないようですね。しかし、結婚式の時に指輪がなくても大丈夫なのでしょうか?結婚指輪がなくては指輪交換ができません。購入しないカップルの解決法としては、低価格のファッションリングで指輪交換をしたカップルや、なかには親族から式の時だけ借りた!なんていうつわものも。

実は結婚式場では、神前式、人前式でも、指輪がない場合にはそのように伝えれば指輪なしの進行プランでお式を行ってくれるそう。指輪は購入しない、指輪交換も不要という方は、プランナーさんに相談してみてくださいね。必要な物にはお金をかけるけれど、必要ないものを見栄や外聞だけで買う事はしない。イマドキのカップルには、そんな価値観の方が増えているようです。指輪だけに限らず、披露宴では招待客の皆さまに満足して貰いたいので食事は一番良い物を、その代わりにペーパーアイテムは手作りで節約、ドレスも一番低価格のものでOK!というような方もいて、自分が大切にする部分と、妥協できる部分をよく考慮の上でプランニングされています。

貴方は、結婚式で何にお金をかけたいですか?予算に限りがあるのに、出費は嵩みがちな結婚式と新居準備。よく考えて、素敵な門出になりますよう!

婚約から結婚式まで、その証のリングはどう選べばいいの?

結婚の象徴ともいえる婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は、実は宝石の種類や価格まで、まったく違うものだという事を知っていますか?プロポーズを決めてから、結婚のその日まで、2人の愛の証となるリングですから、きちんとした準備して、幸せな結婚式を迎えたいものですね。そんな大切なリングの事ですから、どういったものが喜ばれるのぜひ知っておきたいですよね。

《エンゲージリングはダイヤモンドが定番》
エンゲージリングは、婚約の証として、男性から女性に渡すリングですが、既製品であったり、いくつかのパターンから選ぶセミオーダー、または世界に1つだけのオーダーメイドと様々なデザインから選ぶことができます。ジュエリーブランドショップに相談し、予算からどういったものが良いか、検討するとよいでしょう。最低でも2店舗は回って、比較したいものです。中でも人気なのが、やはりダイヤモンドを使ったリングです。ダイヤモンドは、最も硬い石として、2人の固いきずなを。光り輝く姿から、純粋な愛や想いを表すのにもっとも適した宝石とされています。しかし、やはり値段が張るものですから、慎重に選びたいものです。宝石を決めて、土台となる素材を決めて、何カラットで、どのようにカットしてもらうか。予算は、平均で30万ほどとされています。よく、給料の三カ月分とされますが、最近ではそれほど高価なものでなくてもよいとされています。相手に喜んでもらうため、気持ちを伝えるためにも、心血を注いで選ぶよう心がけましょう。

《マリッジリングはお互いの愛の証》
結婚式で交換し、互いの愛を誓いあうためのマリッジリングは、実はエンゲージリングと比べると予算は抑えめの場合がほとんどです。普段から指にはめておくこともあり、派手な装飾のものは好まれず、シンプルなデザインが人気です。リングの内側に、記念日、互いの名前などを掘ることで、世界に1つだけの2人の愛の証となりますが、実は作るのに結構時間がかかります。エンゲージリング同様、既製品から選んだり、セミオーダー、オーダーメイドと、様々ですが、オーダーメイドとなると2カ月ほどかかることもありますので、式の予定が決まる前にはめどが立っているようにしたいものです。ちなみに、マリッジリングの予算は、2つで30万円前後が平均的ですが、前述したエンゲージリングもそうですが、金額がすべてではありませんので、できる範囲での気持ちが伝わる記念品にしましょう。

「結婚指輪の相場と選ぶ基準」

結婚すると当たり前のようにどの夫婦も結婚指輪を購入し、身に付けております。実に世の中の97%以上の人が購入していることが分かりました。実際にみなさんは、いくらぐらいの費用をかけて購入しているのか気になる方もいるのではないでしょうか。またどんなことを基準に選んでいるのかも気になるとことです。まずは実際の相場はいくらぐらいなのか、見ていきましょう。

費用の相場で一番多いのは、10?20万円となりました。つまり、夫婦で合わせて20万円から40万円の費用がかかることになります。二人合わせての平均費用は20万円弱となることが多いようであり、一人当たり10万円前後が最も一般的な相場となるということです。

婚約指輪も購入しなければなりませんし、そちらの方に費用がかかってしまう傾向があります。また結婚するのは20代から30代と若い世代となるため、あまりお金に余裕もありません。結婚式もあり、新婚旅行などいろいろと費用がかさむことが多いので、妥当な価格が10万円弱となるようです。次に、費用以外で選ぶ基準は何なのか見ていきたいと思います。

一番はやはりデザインです。毎日身に付けるものですし、アクセサリーでもあります。やはりおしゃれなものを選びたいと思う人が大半を占めました。他には、素材を重視するという人もいらっしゃいます。特に人気なのが、プラチナとなっております。また、はめやすさや着け心地といった、実用性を挙げている人もおります。

毎日はめるものだからこそ、自分の指に合ったもの、家事をするにあたって邪魔にならないか、といった現実性を重視する人もいるようです。変わった意見として、金属アレルギーを基準とする人もいらっしゃいます。少数ではありますが、稀に自分の体質に合わない素材がある場合は、それを避けて購入するそうです。

結婚指輪は一生に一度の買い物なので、後悔しないように選びたいものです。自分の経済状況を把握した上で、どれぐらいの費用をかけられるのかを確認しましょう。その上で自分が重要視する基準を整理して、そこから選ぶのがよりよい方法でしょう。

結婚式のためのイマドキ指輪事情

結婚指輪といえば、夫婦がそろってお揃いのものを着けるというのが定番でしたが、実は最近その定番が変わりつつあるようです。今までは、婚約指輪は男性が自分で選んでサプライズで贈るのが一般的でした。そして、結婚指輪は基本的には女性の意見を重視して、女性が着けたいデザインに決めるというカップルが多数派でした。

ところが、最近では婚約指輪さえ、二人で一緒に見て決めるというカップルが増えてきています。あるアンケートによると、従来通り、サプライズのプロポーズがいいという女性が32%なのに対して、一緒に気に入ったデザインの婚約指輪を選びたいという女性が53%でした。

そのため、最近ではそんな女性のワガママを叶えるユニークなサービスも行われるようになりました。このサービスでは、サプライズのプロポーズで使用するための宝石と仮リングを男性に渡します。プロポーズが終わったら、改めて二人で店頭に出向いてもらい、デザインを二人で一緒に決められるというものです。

結婚指輪というと、夫婦でお揃いのデザインのものを購入するという意識がありましたが、実はそういった決まりがあるわけではありません。最近流行している選び方は、二人で店頭にやって来て、お互いが自分のお気に入りを見つけるというものです。その際、これからの覚悟や約束、思い出を込めて、指輪の内側にお揃いの宝石を埋め込むシークレットストーンが人気です。

この際、指輪に二人の誓いや願いを込められるように、そのメッセージと合った宝石を使います。宝石に意味を込めたものとして誕生石がありますが、それ以外にも、気に入った宝石を選んで、お互いへの想いを贈り合うといったこともできます。余談になりますが、結婚式当日に指輪交換の際に、指がむくんでしまって指輪が入らないなんてことが時たまあります。

そんな残念なことにならないように、式の前に手を冷やさないように気をつけましょう。特に、冬の結婚式ではウェディングドレス姿でずっといるだけで体がどんどん冷えてしまいます。手をお湯につけたり、ホッカイロを握ったり、手袋をはめるなどの工夫をして、血流を良くしておきましょう。

結婚指輪は、一生ものですから、二人でよく相談して、お気に入りの、ステキな一品を選びましょう。

指輪交換は結婚式のクライマックス

注目を一気に浴びることになる指輪交換。結婚式の中でもクライマックスの瞬間といえるのではないでしょうか。もともと日本では神前式、仏前式が行われていて、日本の習慣に指輪を交換するという儀式は習慣づいていませんでした。

しかしこのリングを交換するという習慣の歴史は2000年以上も前に遡ると言われています。まずは古代エジプトで石や貝殻などを利用し心臓と、左手薬指に流れる血管がつながっているということで、左指にリングをはめることが始まりました。

その後13世紀~16世紀にかけて結婚式でリング交換が行われることが定着し、この習慣が日本に伝わったのは戦後ではないかと言われています。この大切な瞬間を演出するには欠かせないリングですが、どんなものを購入するのかは、婚約した後、式までの2~3カ月前までには決めておいたほうがいいようです。

最近では世界に一つだけのオーダーメイドの物を作ってくれるところもありますが、人気も高いため早めに予約、もしくは制作しないと式の日に間に合わないということもあり得るのです。人気の商品として、日本人はあまり派手なものを好まないため、素材は落ち着いたプラチナが人気です。

準備などで忙しいかもしれませんが、結婚式の前にはしっかりとサイズを確認しましょう。式のためにダイエットをして指も細くなっていることもありますし、制作の際に微妙なサイズ違いなどが出てくる場合もあるからです。また記念簿や名前の刻印なども忘れずにチェックしておきたいところです。

しかし、最近では式でリングの交換をしない人も増えているんだとか。お互い仕事やアレルギーなど、何かしらの理由でアクセサリーは身につけないため、式のためだけに購入するのはもったいないと思うようです。もちろんリング交換するかはそれぞれのカップルの自由です。

しかし、もしその日だけ雰囲気を味わいたいと思う場合指輪のレンタルなどもできるようなので検討してみるといいかもしれませんね。

結婚指輪はいつ買えば良い?選び方と購入時期

結婚式でマリッジリングをお互いの指にはめて永遠の愛を誓う。一生に一度の大切な思い出になりますね。長く身につけるものだからこそ、しっかりと選びたい結婚指輪。いつごろ購入すればよいのでしょうか?

挙式の6カ月前が目安オーダーやセミオーダーで注文する方はもちろんですが、サイズ調整、記念日やイニシャルの刻印を入れる予定があるならば、購入後に作業期間が必要となりますので余裕をもったスケジュールで購入しましょう。平均で6カ月前には購入している方が多いようですが、複雑な注文をする場合にはもう少し早めの準備をおすすめします。挙式の前に写真だけ前撮りするなどの予定のある方は、前撮りの日に間に合うよう計画して購入しておくと良いでしょう。

インターネットで情報収集。決定は実店舗で指輪のデザインは、好みも様々かと思います。お気に入りのブランドの品を是非という方も、デザインが気に入ればブランドは問わないという方もいらっしゃるでしょうが、長い期間身につけるものですから、気に入るデザインである事はもちろん、身につける方の指や手がきれいに見えるデザインを選びましょう。

写真でみて気に入るデザインであっても、実際に身につけると手の形に似合わない。という事もありますので、インターネット等で事前に情報収集してブランドを絞り込んでおき、実際の購入は店舗で身につけてから選ぶ事をおすすめします。定期的に研磨などのアフターケアをしてくれるお店を選べば、長い期間美しいままで身につけられます。

お仕事の都合でどうしても外さなくてはならない方は、チェーンに通して身につけるためのリング用ペンダントを活用されてはいかがでしょうか。リングを直接チェーンに通すと内側に傷がついたり、縦向きになってしまい違和感がありますが、リング用ペンダントを使えばデザインをきれいに活かしたペンダントネックレスとして身につけられます。大切な愛の絆をなくさないためにも、つけ外しの必要な方は購入時に一緒にチェーンも用意するなど、しっかりと対策をしておきたいですね。