お金がかかる結納

昔とは違い最近では様々な形の結婚式が増えており、若い世代になればなるほど、堅苦しい儀式はしたくないというカップルが増えているようですもちろんそのような儀式を省いてしまったほうが、時間もお金も節約になるのですが、家族特に親御さんからすると、あまりにも簡略化しすぎて物足りないと感じてしまうことも多いのです。

その代表とされるのが「結納」ではないでしょうか。昔は当たり前と考えられた結納は、現代においては両家の食事会などに省略してしまうことがほとんどです。しかしこの儀式に必要とされるものはたくさんあるため、その分費用が掛かってしまうのも無理はありません。

目録・長熨斗・金包・勝男武士・寿留女・子生婦・友白髪・末広・家内喜多留といった9点が男性側が用意しなければいけないもので、だいたい4万円から20万ちょっとほどかかります。またこの際に男性から女性側に対してお金が贈られるのですが、目安としては給料の2~3カ月分なので、もしも支払うとなれば男性側は80万から100万といった結構な大金を結婚前女性側に贈らなければならないのです。

しかし、両家からの同意があれば贈らなくても大丈夫です。もしも女性側がお金を受け取ったのであれば、お返しということで半額程度の金額を渡すようですが、これも済んでいる場所のしきたりや風習によってかわってきますので、もしも出身地が違う人と結婚する場合には、しっかりと相談して両家で取り決めていくことが大事になってきます。

すべての段取りが滞りなく終わればその後会食に進みますが、ホテルや結婚式場で執り行う場合には、一人1~2万の料理を見積もります。新郎、新婦両家の両親や家族、または仲人さんも含めると、10万以上の予算が必要になる場合もあります。このようにすること多く、お金もかかる結納ですので、ちゃんとしたいという人は別ですが、最近の若い人たちは両家が知り合うための食事会などで済まし、カジュアルな感じで結婚をすることが多いようです。

TPOに合わせた髪形を

普段なかなか着ることのできない華やかなドレスを着られるのは、結婚式ではないでしょうか。ウェディングドレスは花嫁をきれいに演出しますし、招待客の女性も少しオシャレな洋服を着ることで気分も盛り上がります。

しかし、着る服は決まったものの、洋服に合う髪形を探さなければいけません。ヘアスタイルは和装や洋装によって変わりますが、あまりにも普段と変わらないような髪形はおめでたい日にはふさわしくありません。

どんな時代でも式だけではなく、披露宴や二次会などで人気の花嫁ヘアスタイルはアップスタイルです。アップにすることでデコルテや背中をしっかりと強調することができますし、ウェディングベールとの相性も大変いいとされています。

それと同時にアップスタイルにはバリエーションがとても多いため、夜会巻などシンプルなものから、人目をぐっと引くような豪華なアレンジもできるのです。その他にもハーフアップやダウンスタイルなどもありますが、すべてドレスとの相性次第と言えるでしょう。

そして最近流行っているのが和装ですが、和装の場合には生け花や大きなかんざしなど、かなり派手目なものを飾りに使用することで着物の色気を出すことができます。着物の場合はうなじや横顔などを美しく見せるため、アップスタイルが一番のおすすめです。

そして結婚式にゲストとして呼ばれているのであれば、ダウンスタイルは避けたほうがいいでしょう。ヘアスタイルは一番目に付くところですので、ダウンスタイルは少し砕けた印象を与えがちです。TPOにふさわしい髪形ということを考えるならば、きちんとセットされているアップスタイルが無難でしょう。

最近で美容院などに行かずに、自分でセットできるようネットなどでも様々なヘアスタイルの方法が紹介されているので、少し練習してみるのもいいでしょう。しかし、どれだけオシャレに気を付けていたとしても、花嫁よりも派手なアクセサリーなどは絶対に避けましょうね。

NGドレスを避けよう

友達、同僚、家族などが結婚するということで招待された場合、女性がまず考えるのは「何着て行こう」ではないでしょうか。結婚式は華やかでめでたい場所ですし、様々な方が招待客として集まるためマナーなどにも気をつけて、ふさわしい格好をする必要があります。

よく知られているNGとされる格好は全身が白っぽい服装です。白は花嫁さんの色とされているので、白でなくてもクリームやベージュ、シルバーなどももしもドレスだけを身につけるということであれば避けたほうがいいでしょう。

しかし、濃い色のバッグやクツを身につけたり、ボレロなどを暗めの色などで合わせるというコーディネートをすれば大丈夫な場合もあります。白いワンピースなどを着て行ってしまうと親族や友人から注意をされたりなど、恥ずかしい思いをしてしまうこともあるのです。

また最近は、特に若い人は結婚式に黒いドレスで行くことが多いようです。黒は落ち着きや控えめな印象を与えますが、全身真っ黒なコーディネートも良くありません。なぜかと言うと喪服をイメージさせるからです。

せっかくの華やかな場面ですので、服装も黒を基調にしつつも、羽織ものやアクセサリーバッグなどは明るい色と合わせることができます。みんなが黒や重たい色ばかり選んでしまうと、会場の雰囲気も重たくなってしまいます。

そして足に自信がないからと、黒のタイツやカラータイツ、網タイツ、そして素足はNGです。せっかく選んだドレスが素敵でも足元に気を配らなければマナー違反になってしまいます。当然のことながらブーツもNGです。ベージュのナチュラルストッキングに5cm以上のヒールを選びましょう。

このように避けるべき服装や色などを頭に入れておき、あとは自分の体型、年齢などに合わせて選んでいきましょう。自分が目立つことではなく、華やかながらも慎みのある服装を心がければ、結婚式に華を添えることができますし、楽しい思い出を作ることができるはずです。

指輪交換は結婚式のクライマックス

注目を一気に浴びることになる指輪交換。結婚式の中でもクライマックスの瞬間といえるのではないでしょうか。もともと日本では神前式、仏前式が行われていて、日本の習慣に指輪を交換するという儀式は習慣づいていませんでした。

しかしこのリングを交換するという習慣の歴史は2000年以上も前に遡ると言われています。まずは古代エジプトで石や貝殻などを利用し心臓と、左手薬指に流れる血管がつながっているということで、左指にリングをはめることが始まりました。

その後13世紀~16世紀にかけて結婚式でリング交換が行われることが定着し、この習慣が日本に伝わったのは戦後ではないかと言われています。この大切な瞬間を演出するには欠かせないリングですが、どんなものを購入するのかは、婚約した後、式までの2~3カ月前までには決めておいたほうがいいようです。

最近では世界に一つだけのオーダーメイドの物を作ってくれるところもありますが、人気も高いため早めに予約、もしくは制作しないと式の日に間に合わないということもあり得るのです。人気の商品として、日本人はあまり派手なものを好まないため、素材は落ち着いたプラチナが人気です。

準備などで忙しいかもしれませんが、結婚式の前にはしっかりとサイズを確認しましょう。式のためにダイエットをして指も細くなっていることもありますし、制作の際に微妙なサイズ違いなどが出てくる場合もあるからです。また記念簿や名前の刻印なども忘れずにチェックしておきたいところです。

しかし、最近では式でリングの交換をしない人も増えているんだとか。お互い仕事やアレルギーなど、何かしらの理由でアクセサリーは身につけないため、式のためだけに購入するのはもったいないと思うようです。もちろんリング交換するかはそれぞれのカップルの自由です。

しかし、もしその日だけ雰囲気を味わいたいと思う場合指輪のレンタルなどもできるようなので検討してみるといいかもしれませんね。

地域によって大きな差。結納のアレコレ

結納とは、結婚式の前に両家で集まり、お互いに今後親戚としてお付き合いしましょうという縁を結び、贈り物をしあう儀式。正式には縁起物と記念品、結納金を贈り、相手方がお返しを渡しますが、最近では略式にして記念品のみ交換し、両家の顔合わせ食事会を一緒に行うという方も増えています。

作法や文化が両家で大きく違う場合も多くありますので、事前の相談が大切です。両家でしきたりが違う場合はどうすればいい?しきたりは、関東と関西、地方、また同じ地方でも地域によってまったく違うということがよくあります。しきたりが違う場合には、男性側(婿養子の場合は女性側)に合わせる、すり合わせて行うなど、両家でよく話し合いましょう。

こだわりがない場合には、相手方に合わせる方がうまくいきます。するしない、金額などは、基本的には女性側が先に打診するものとされますので、新婦から新郎に相談し、新郎からご両親に新婦側の意向を伝えどうするか相談という形にすると良いでしょう。

「こうするのが常識、普通」などと決めつけず、「我が家の地方ではこういう風に行いますが、そちらではどのようなしきたりですか?」などとやんわりとお互いの文化をすり合わせることをおすすめします。

準備するものや会場は?昔は女性側の自宅で行われることが多かったのですが、最近では料亭やホテルでという方がほとんどです。専用のプランを用意している会場もありますので、事前に相談しておくと良いでしょう。

日程は、挙式の3~6カ月前の吉日を選びます。吉日というのは、六曜でいう大安、友引、先勝の午前、先負の午後のこと。そんなのは気にしないという方も増えていますが、年配の方は「せめて仏滅は避けて」という場合もありますのでご両親に確認してください。

必要な品物は、男性側は縁起物5~9品目。これはデパート等で揃えられます。婚約記念品の婚約指輪や時計、およびお金です。金額は相談になりますが、50~100万円というのが一般的です。女性側は、お返しに時計やスーツ、ビジネスカバンなど男性が身につけるもの、また男性側の半額程度のお金になります。

ただしこちらも、正式にするか略式にするか、またしきたりによって準備するものが違ってきますので、平均的にはという品物よりも両家の納得するものを準備すると良いでしょう。両家が親族になるための第一歩。お互いの意見を合わせるのは大変でしょうが、よく話し合うことはつながりを深める機会ととらえると、面倒さも少し減るかもしれませんね。

お呼ばれマナーは大丈夫?結婚式のヘアスタイル

結婚式のお呼ばれでは、華やかでありつつマナーを守った髪型が大切。髪型にマナーなんてあるの?というあなたに、マナーを守った、素敵大人女子のヘアスタイルをおすすめします。

すっきりまとめてきちんと感を女性の髪の毛は、お呼ばれではアップかハーフアップですっきりとまとめるのが基本です。ショートヘアの方もそのままではなく、横の部分を少しピンで留める、カチューシャを付けるなどしてパーティー向けにアレンジすると好印象です。

特に気を付けたいのは、お辞儀をしたり食事をとるときに髪の毛が顔にかかったり落ちてこないようにすること。髪の毛をかきあげる仕草をセクシーと感じる方もいますが、公式の場で髪の毛を触るのはみっともないと感じられる方も多いのです。

編み込みにしたり毛先をちらしてパーティー向けに華やかに装う場合も、ワックスやピンを上手に使って顔にかからないよう気を付けましょう。ヘアスタイルを整えた後、頭を下げてみて髪が落ちてこないか確認してください。

アクセサリーは、小ぶりで華やかなものをつけると上品に仕上がります。サテンやパールのアクセサリーがおすすめです。あまりきらきら過ぎるものや大きすぎるヘアアクセサリーは、写真撮影などで迷惑になりますのでNG。

また、花嫁さんの定番アイテムである花飾り、殺生を連想させるファーやフェイクファーの素材、お葬式を連想させるブラックパールの飾りも避けましょう。自分でヘアスタイルをセットするのは自信がないという方は、式場でヘアセットをしてくれる場合も多いですので、式場に相談してみてください。

お近くの美容院でもヘアセットを頼めます。お式の場所や時間帯によっては自宅近くの美容院でセットしてもらってから向かう方がいいかもしれません。ヘアセットを頼む場合は、なにかヘアアクセサリーを持参してつけてもらうことをおすすめします。特に小さな式場の場合、ヘアセットを頼んだゲスト全員が同じヘアスタイルにされた!というエピソードも聞きますので、他の方と少し差をつけられるようにしておくと安心です。

あなたのマナーは大丈夫?結婚式の服装で気を付ける事

結婚式へのお呼ばれ。「服、どうしよう!?」と悩む方は少なくないのでは?冠婚葬祭では普段とは違うマナーが必要になる事も多いので、マナーを守りつつオシャレな服装をと思うと難しいですよね。マナーもオシャレもOKの、素敵な服でお祝いに参列しませんか。

実はNGアイテムがたくさん!服装マナー花嫁さんが白を着るから、ゲストは白い服装をしてはダメ。というのはご存じの方も多いでしょう。しかし、白以外にも思わぬNGアイテムがたくさんあるんです。ドレスの丈は、ミニスカートや逆に長すぎるマキシ丈はNG。膝が半分ほど隠れる程度がベターです。

肩や2の腕がむき出しになるのも不可ですので、袖ありの服にするかボレロやストールを着用しましょう。透け感のある素材を選べば、重たくならず華やかに決まりますよ。色は黒が無難と思ってしまいがちですが、全員が黒ではせっかくのお式が暗い雰囲気になってしまいますので、女性は色のある服装をおすすめします。

白いボレロはOKとされていますが、なるべくコンパクトなデザインのものを。写真では上半身だけが写る事も多いので、上半身が全て白に見えるような大きなサイズの白い上着は避けましょう。手持ちドレスのスカート丈が短い場合は、裾がレース素材のペチスカートを下に履く事で、あまりお金をかけずにスカート丈を程よく調整できます。

脚は肌色のストッキングに、つま先やかかとの出ないパンプスを履きましょう。手持ちのパンプスにクリップ式の飾りをつければ、あまりお金をかけずにぐっと華やかになりますよ。カラータイツや黒ストッキング、生足という方もたまにみられますが、実はNG。脚用ファンデーションを塗ってからストッキングを履くと、きれいな脚に見えますのでおすすめです。

失敗しやすいのが、ファーの小物。特に冬の時期はファーがオシャレに思えますが、ファー、クロコ、ヒョウ柄やゼブラ柄など動物柄の小物は殺生を連想させるためNGアイテムになります。できれば、フェイクファーも避けた方が無難です。

最近では、「少しくらいマナー違反でも大丈夫」という方も多くなってきていますが、列席のご親族にマナーに厳しいご年配の方がいる場合もあり、列席者の服装によっては新郎新婦の評価が下がってしまう事も。「大丈夫かな?」と心配しながらではお祝いに集中できませんよね。胸を張ってお祝いできる服装で、新郎新婦を心からお祝いしましょう!

結婚指輪はいつ買えば良い?選び方と購入時期

結婚式でマリッジリングをお互いの指にはめて永遠の愛を誓う。一生に一度の大切な思い出になりますね。長く身につけるものだからこそ、しっかりと選びたい結婚指輪。いつごろ購入すればよいのでしょうか?

挙式の6カ月前が目安オーダーやセミオーダーで注文する方はもちろんですが、サイズ調整、記念日やイニシャルの刻印を入れる予定があるならば、購入後に作業期間が必要となりますので余裕をもったスケジュールで購入しましょう。平均で6カ月前には購入している方が多いようですが、複雑な注文をする場合にはもう少し早めの準備をおすすめします。挙式の前に写真だけ前撮りするなどの予定のある方は、前撮りの日に間に合うよう計画して購入しておくと良いでしょう。

インターネットで情報収集。決定は実店舗で指輪のデザインは、好みも様々かと思います。お気に入りのブランドの品を是非という方も、デザインが気に入ればブランドは問わないという方もいらっしゃるでしょうが、長い期間身につけるものですから、気に入るデザインである事はもちろん、身につける方の指や手がきれいに見えるデザインを選びましょう。

写真でみて気に入るデザインであっても、実際に身につけると手の形に似合わない。という事もありますので、インターネット等で事前に情報収集してブランドを絞り込んでおき、実際の購入は店舗で身につけてから選ぶ事をおすすめします。定期的に研磨などのアフターケアをしてくれるお店を選べば、長い期間美しいままで身につけられます。

お仕事の都合でどうしても外さなくてはならない方は、チェーンに通して身につけるためのリング用ペンダントを活用されてはいかがでしょうか。リングを直接チェーンに通すと内側に傷がついたり、縦向きになってしまい違和感がありますが、リング用ペンダントを使えばデザインをきれいに活かしたペンダントネックレスとして身につけられます。大切な愛の絆をなくさないためにも、つけ外しの必要な方は購入時に一緒にチェーンも用意するなど、しっかりと対策をしておきたいですね。