婚約したけど、今までとなにも変わらない?

彼からのプロポーズを受け、婚約指輪も貰ったけれど、今までと何かが違うわけでもなく、2人だけの口約束ではなんだか不安だという方も少なからずおられると思います。今までの生活とそれほど変化のないものであれば、そう思うのも当然かもしれません。そんな不安を取り除き、公に婚約を認めてもらうための儀式が、結納です。

《親戚付き合いの第一歩》
最近では結納を行わないという方も増えてきていますが、結婚する2人は良いとしても、両親としては、家族になることのきっかけともなりますし、結婚する2人が改めて決意を固める場ともなりますので、2人だけで決めずに両親とも話し合った方が良いでしょう。その際に決してただの挨拶ではないため、なにかと準備に手間がかかるうえ、お金もかかります。予算として、安くても5万円から、凝ったものにすると20万円ほどとなります。あとに控える結婚式や披露宴、新婚旅行などを考えると、なるべく節約したいところです。もちろん、儀式自体は、2人の婚約を互いの両親が認めるという事が目的ですので、形式にとらわれない形としてもなんら問題はありません。

《お食事会で済ませるケースもあります》
最近では両親を誘ってお食事会で挨拶するというケースも増えています。レストランや料亭など、細かい決まりはありませんが、互いが集まりやすい場所、時間は確かめておきましょう。結婚式会場の下見も兼ねて、式場のレストランを利用するという方も増えていますので、こちらもおすすめです。食事も特に決まりがないので、両家が好きな食べ物で良いでしょう。予算は一人当たり1万円前後が多く、食事代自体は両家がそれぞれ自分たちの分を払うケースが多いようです。男性側は、略式でも構わないので結納品を用意しておきましょう。略式の場合、婚約指輪や記念品で済ませるという場合もあります。結婚を約束しからには、お互いの家族を含め、コミュニケーションをしっかりと取りながら、着実に結婚に向けて歩んで行きましょう。

結婚式に、ひと手間加えた好印象のヘアスタイルを

結婚式に出席する際、ドレスはもちろんですが、髪型というのもひとつの大きなポイントとなります。ドレスと違って、座っているときであっても、注目されるポイントですから、ひと手間加えて、誰からもしっかりしていると思われるヘアスタイルで臨みたいものですよね。ここで、きちんとしていると思われるためのヘアスタイルをご紹介いたします。

《ダウンスタイルは、上級者向け》
式におけるヘアスタイルというのは、多くの人に目に留まる部分ですので、決して、手は抜けない部分ですが、その中でもダウンスタイルは、見る人によっては印象がまるで違ういわば上級者向けのヘアスタイルとなります。決して、ダウンスタイルがダメというわけではありません。良い印象を持たせるのが難しいスタイルだというだけですので、アップスタイル、ハーフアップスタイルが無難でしょう。アップスタイルにすることで、きちんとしているという印象をあたえられますし、首元のアクセサリーもしっかりと見せられるのでおすすめです。

《ハーフアップスタイルは、小顔効果も?》
アップスタイルもおすすめですが、なにかと人気なのが、ハーフアップスタイル。いろいろな髪の長さに対応できる点も、多くの方から人気の理由です。ふわっと髪を巻いてから、あげたい部分を結びあげるだけで簡単に仕上げることもできます。サイドは少し下げておけば、小顔効果も期待できます。ただし、アップスタイルも、ハーフアップスタイルもどちらも気を付けてほしいのが、食事の際に髪が崩れてしまわないかということ。一度、セットした後、下を向いて、髪が垂れてこないかを確認しましょう。

《上級者向けダウンスタイルは、二次会におすすめ》
ダウンスタイルは、どうしても普段の髪型から印象が変わらず、少し式にはそぐわない印象ですが、普段のナチュラルな印象は、披露宴後の二次会にはおすすめです。披露宴から二次会までは、多くの場合、時間が空くものですから、そのときにセットしなおすのも1つの手です。ポイントは、前髪からサイドに流れるような一体感を付けること。ヘアピンやカチューシャなどでとどめておけば、お辞儀の際にも前髪が崩れるという事を防げますし、アクセサリーがワンポイントとなり、いつものラフな印象は避けられるでしょう。TPOをわきまえたヘアアレンジで、きちんとした印象を持ってもらえるよう、心がけるようにしてください。

結婚式お呼ばれ服装のマナーとNGポイント!

結婚式にお呼ばれし、もっとも気を付けたいのがどういった服装でいけばいいのかという事ですよね。男性であれば、フォーマルな黒のスーツに、白いネクタイ。または、グレーや紺のシックな色合いで、格式に合わせた礼服と、わかりやすいのですが、女性の場合は、ちょっとしたことでNGとされてしまいがちなので、注意が必要です。式の主役である花嫁より目立ってしまうのは当然、NGとして、どういった服装であれば望ましいのかをご紹介いたします。

《白ドレスは花嫁さんの色なのでタブーです》
白だけでなく、薄いベージュやシルバーなども、写真に写ったときや光の当たり形で白く見えることがあるので、基本的には避けたほうが良いでしょう。ただし、羽織ものやバッグ、靴などを黒などで統一することで、全身が白を避ければ大丈夫です。逆に、全身が黒い衣装でも喪服をイメージしてしまうため、NGとされています。こちらも、部分的に白を取り入れることで、喪服のようなイメージを避けましょう。また、肌を露出する衣装は基本的にNGとされています。肩や生足を露出させると、どうしても品がなく見られ、水商売を連想されてしまうため、羽織ものやベージュ色のナチュラルなストッキングなどを使用しましょう。黒やベージュの組み合わせは、幅広い年齢にあった落ち着いた印象を与えるのでおすすめです。また、上品なブルーやフリル付きの羽織ものなどもおすすめです。花嫁より目立ってはいけませんが、新郎新婦の晴れの舞台ですから、衣装選びには細心の注意を払いたいものです。

《まずは、色を決めましょう》
最初に決めたいのが、何色を基調としたドレスを着るかです。着る方の年齢にもよりますが、紺色や上品なブルー、または淡いピンクなどが人気です。20代であれば、少し明るいピンクを基調として、羽織ものやバッグに落ち着いた黒を合わせることで、若さと落ち着きを演出することができるでしょう。逆に、暗めの色で統一してしまうと、かえって落ち着きすぎた印象を与えかねないので、華やかな式場ではかえって目立ってしまうかもしれません。30代以降、もっと年齢を重ねたうえで、紺色や淡いベージュ、肌にあった薄いピンクなどを基調とするのが良いでしょう。毛皮や革製品は、NGです。理由として、殺生をイメージさせるものであるからとされています。イメージもありますが、披露宴会場では、多くの方が食事をされる場所でもあるため、毛皮やファーであると、その毛が抜け落ち、料理の中に落ちたり、人の口に入ってしまう場合がありますので、避けたほうが良いとされています。また、花嫁のお色直し後の衣装と色がかぶってしまう事も避けたいものです。可能であれば、事前にお色直し後の色を確認しておくとよいでしょう。

婚約から結婚式まで、その証のリングはどう選べばいいの?

結婚の象徴ともいえる婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は、実は宝石の種類や価格まで、まったく違うものだという事を知っていますか?プロポーズを決めてから、結婚のその日まで、2人の愛の証となるリングですから、きちんとした準備して、幸せな結婚式を迎えたいものですね。そんな大切なリングの事ですから、どういったものが喜ばれるのぜひ知っておきたいですよね。

《エンゲージリングはダイヤモンドが定番》
エンゲージリングは、婚約の証として、男性から女性に渡すリングですが、既製品であったり、いくつかのパターンから選ぶセミオーダー、または世界に1つだけのオーダーメイドと様々なデザインから選ぶことができます。ジュエリーブランドショップに相談し、予算からどういったものが良いか、検討するとよいでしょう。最低でも2店舗は回って、比較したいものです。中でも人気なのが、やはりダイヤモンドを使ったリングです。ダイヤモンドは、最も硬い石として、2人の固いきずなを。光り輝く姿から、純粋な愛や想いを表すのにもっとも適した宝石とされています。しかし、やはり値段が張るものですから、慎重に選びたいものです。宝石を決めて、土台となる素材を決めて、何カラットで、どのようにカットしてもらうか。予算は、平均で30万ほどとされています。よく、給料の三カ月分とされますが、最近ではそれほど高価なものでなくてもよいとされています。相手に喜んでもらうため、気持ちを伝えるためにも、心血を注いで選ぶよう心がけましょう。

《マリッジリングはお互いの愛の証》
結婚式で交換し、互いの愛を誓いあうためのマリッジリングは、実はエンゲージリングと比べると予算は抑えめの場合がほとんどです。普段から指にはめておくこともあり、派手な装飾のものは好まれず、シンプルなデザインが人気です。リングの内側に、記念日、互いの名前などを掘ることで、世界に1つだけの2人の愛の証となりますが、実は作るのに結構時間がかかります。エンゲージリング同様、既製品から選んだり、セミオーダー、オーダーメイドと、様々ですが、オーダーメイドとなると2カ月ほどかかることもありますので、式の予定が決まる前にはめどが立っているようにしたいものです。ちなみに、マリッジリングの予算は、2つで30万円前後が平均的ですが、前述したエンゲージリングもそうですが、金額がすべてではありませんので、できる範囲での気持ちが伝わる記念品にしましょう。