結婚式のドレスは控えめに

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式のドレスは控えめに
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式のドレスは控えめに結婚ポジティブプロジェクト

何度行っても迷うドレス

結婚式で女性が考えるのがドレス。これは何も新婦の話ではなくて、出席するゲストの話です。一般的なマナーとして、新婦よりもゲストが目立ってしまってはまずいわけです。かといって、他の女性参加者より目立たないようでもそれはそれで困るし・・・。別に自分が目立ちに行くための場所ではありませんが、それでもほかの男性の目に留まる機会でもあり、また、数少ないドレスを着ていく場面でもありますから、ある程度は着飾っておきたいところ。ここでは、そんな着飾り加減が難しい結婚式でのドレスのポイントについて紹介します。白系ドレスは絶対にNGこれは一般常識としてあるとは思いますが、新婦とかぶってしまいますから、基本的に白いドレスは絶対に着てはいけません(これは男性のスーツも同様)。純白はもちろんのこと、色系統の似ている薄いピンクなども、避けた方が無難でしょう。また、ドレスの色が白で無かったとしても、首周りの飾り物(ボレロなど)が白い場合も問題があります。自分ではそういう意識が無かったにしても、主催である新郎新婦に失礼な印象を与えてしまいがちです。

マナーとオシャレの線引き

過度な露出は控える背中が大きく開いていたり、肩が露出したデザインのドレスもやめておく方が賢明です。不必要にセクシーに見えてしまいますから、場をわきまえていない節操のない印象を与えてしまいがちです。また、白いドレスと同じで「新婦よりも目立とうとしている」と思われてしまうかもしれません。ただし、これは挙式が昼になる場合の話であり、夜にパーティーなどを行う場合は、むしろ露出を多めにした方が良いとも言われていますから、調整の難しいところです。毛皮リアルファーであれフェイクファーであれ、ファーを用いている飾り物やドレスを着るのもアンチマナーだと言われています。結婚式は神聖な式ですから、殺生を連想させるものはできるだけ避けた方がいいというのが一つと、もう一つは食べ物にファーが入ってしまうためです。自分ではいくら気を付けていても、スープは飲み物などにファーが混入してしまうかもしれませんから、基本的には使わないようにしましょう。