あなたのマナーは大丈夫?結婚式の服装で気を付ける事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あなたのマナーは大丈夫?結婚式の服装で気を付ける事
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
あなたのマナーは大丈夫?結婚式の服装で気を付ける事結婚ポジティブプロジェクト

結婚式へのお呼ばれ。「服、どうしよう!?」と悩む方は少なくないのでは?冠婚葬祭では普段とは違うマナーが必要になる事も多いので、マナーを守りつつオシャレな服装をと思うと難しいですよね。マナーもオシャレもOKの、素敵な服でお祝いに参列しませんか。

実はNGアイテムがたくさん!服装マナー花嫁さんが白を着るから、ゲストは白い服装をしてはダメ。というのはご存じの方も多いでしょう。しかし、白以外にも思わぬNGアイテムがたくさんあるんです。ドレスの丈は、ミニスカートや逆に長すぎるマキシ丈はNG。膝が半分ほど隠れる程度がベターです。

肩や2の腕がむき出しになるのも不可ですので、袖ありの服にするかボレロやストールを着用しましょう。透け感のある素材を選べば、重たくならず華やかに決まりますよ。色は黒が無難と思ってしまいがちですが、全員が黒ではせっかくのお式が暗い雰囲気になってしまいますので、女性は色のある服装をおすすめします。

白いボレロはOKとされていますが、なるべくコンパクトなデザインのものを。写真では上半身だけが写る事も多いので、上半身が全て白に見えるような大きなサイズの白い上着は避けましょう。手持ちドレスのスカート丈が短い場合は、裾がレース素材のペチスカートを下に履く事で、あまりお金をかけずにスカート丈を程よく調整できます。

脚は肌色のストッキングに、つま先やかかとの出ないパンプスを履きましょう。手持ちのパンプスにクリップ式の飾りをつければ、あまりお金をかけずにぐっと華やかになりますよ。カラータイツや黒ストッキング、生足という方もたまにみられますが、実はNG。脚用ファンデーションを塗ってからストッキングを履くと、きれいな脚に見えますのでおすすめです。

失敗しやすいのが、ファーの小物。特に冬の時期はファーがオシャレに思えますが、ファー、クロコ、ヒョウ柄やゼブラ柄など動物柄の小物は殺生を連想させるためNGアイテムになります。できれば、フェイクファーも避けた方が無難です。

最近では、「少しくらいマナー違反でも大丈夫」という方も多くなってきていますが、列席のご親族にマナーに厳しいご年配の方がいる場合もあり、列席者の服装によっては新郎新婦の評価が下がってしまう事も。「大丈夫かな?」と心配しながらではお祝いに集中できませんよね。胸を張ってお祝いできる服装で、新郎新婦を心からお祝いしましょう!