NGドレスを避けよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NGドレスを避けよう
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
NGドレスを避けよう結婚ポジティブプロジェクト

友達、同僚、家族などが結婚するということで招待された場合、女性がまず考えるのは「何着て行こう」ではないでしょうか。結婚式は華やかでめでたい場所ですし、様々な方が招待客として集まるためマナーなどにも気をつけて、ふさわしい格好をする必要があります。

よく知られているNGとされる格好は全身が白っぽい服装です。白は花嫁さんの色とされているので、白でなくてもクリームやベージュ、シルバーなどももしもドレスだけを身につけるということであれば避けたほうがいいでしょう。

しかし、濃い色のバッグやクツを身につけたり、ボレロなどを暗めの色などで合わせるというコーディネートをすれば大丈夫な場合もあります。白いワンピースなどを着て行ってしまうと親族や友人から注意をされたりなど、恥ずかしい思いをしてしまうこともあるのです。

また最近は、特に若い人は結婚式に黒いドレスで行くことが多いようです。黒は落ち着きや控えめな印象を与えますが、全身真っ黒なコーディネートも良くありません。なぜかと言うと喪服をイメージさせるからです。

せっかくの華やかな場面ですので、服装も黒を基調にしつつも、羽織ものやアクセサリーバッグなどは明るい色と合わせることができます。みんなが黒や重たい色ばかり選んでしまうと、会場の雰囲気も重たくなってしまいます。

そして足に自信がないからと、黒のタイツやカラータイツ、網タイツ、そして素足はNGです。せっかく選んだドレスが素敵でも足元に気を配らなければマナー違反になってしまいます。当然のことながらブーツもNGです。ベージュのナチュラルストッキングに5cm以上のヒールを選びましょう。

このように避けるべき服装や色などを頭に入れておき、あとは自分の体型、年齢などに合わせて選んでいきましょう。自分が目立つことではなく、華やかながらも慎みのある服装を心がければ、結婚式に華を添えることができますし、楽しい思い出を作ることができるはずです。