結婚式のお呼ばれドレス

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式のお呼ばれドレス
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式のお呼ばれドレス結婚ポジティブプロジェクト

せっかくのご招待、可愛いドレスやワンピースでお祝い気分を盛り上げたいものですね。でも、だからといって場違いな服装でひんしゅくを買いたくはありません。自分も着ていて気持ちよく、かつお祝いの場にふさわしい服装の選び方を考えましょう。

一口に結婚式といっても、式を挙げる場所や、会場の雰囲気によって大きな違いがあります。その式がどんな所で、どんな規模で行われるのかなど、できるだけ具体的な情報を集め、式当日をイメージしましょう。もちろんそうは言っても共通のマナーというものがあります。

例えば、ドレスコードが平服でとなっていたら、それは「準礼服」や「略礼服」のことです。間違って普段着で行ってしまい、恥ずかしい思いをした…なんてことにならないように気をつけましょう。招待状を見ても、ちょっとよくわからないという場合は、一人で悩まず、一緒に出席するお友達や知人に確認してみましょう。

女性の場合、最低限のマナーとして、適度なドレスアップが必要になります。もちろん、主役の花嫁を超えるような、過度に派手な格好は望ましくありませんが、会場に花を添える存在になれたらいいですね。同じように考えると、メイクもきちんと感を出しつつも、派手すぎない仕上がりにすればOKです。さて、肝心のドレスですが、昼と夜とで違いがあります。

昼の式の場合、礼服であればアフタヌーンドレス、またはスーツ・ワンピースかツーピースになります。また、準礼服であればデイタイムドレスです。アクセサリーは基本的には光るものは避け、パールなど落ち着きのあるものを選びます。また、黒のタイツや柄タイツはNGです。ベージュのストッキングに5cm以上のヒールが基本です。

もちろん、花嫁さんのカラーである白はタブーです。また、クリームベージュやシルバーなどのものも、明るい小物と一緒に身に着けると、全身が白っぽく見えてしまいますから気をつけましょう。夜は、礼服としてはイブニングドレス、略礼装はカクテルドレス、ディナードレスとなります。

注意したい点として、夜の式では昼の式とは逆で、ダイヤモンドなどの宝石類がふさわしいアクセサリーになります。間違えないように気をつけましょう。ゲストは式の主役ではありませんが、新郎新婦をお祝いする気持ちを込めて、きちんとした服装で望みたいですね。