結婚式お呼ばれ服装のマナーとNGポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式お呼ばれ服装のマナーとNGポイント!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式お呼ばれ服装のマナーとNGポイント!結婚ポジティブプロジェクト

結婚式にお呼ばれし、もっとも気を付けたいのがどういった服装でいけばいいのかという事ですよね。男性であれば、フォーマルな黒のスーツに、白いネクタイ。または、グレーや紺のシックな色合いで、格式に合わせた礼服と、わかりやすいのですが、女性の場合は、ちょっとしたことでNGとされてしまいがちなので、注意が必要です。式の主役である花嫁より目立ってしまうのは当然、NGとして、どういった服装であれば望ましいのかをご紹介いたします。

《白ドレスは花嫁さんの色なのでタブーです》
白だけでなく、薄いベージュやシルバーなども、写真に写ったときや光の当たり形で白く見えることがあるので、基本的には避けたほうが良いでしょう。ただし、羽織ものやバッグ、靴などを黒などで統一することで、全身が白を避ければ大丈夫です。逆に、全身が黒い衣装でも喪服をイメージしてしまうため、NGとされています。こちらも、部分的に白を取り入れることで、喪服のようなイメージを避けましょう。また、肌を露出する衣装は基本的にNGとされています。肩や生足を露出させると、どうしても品がなく見られ、水商売を連想されてしまうため、羽織ものやベージュ色のナチュラルなストッキングなどを使用しましょう。黒やベージュの組み合わせは、幅広い年齢にあった落ち着いた印象を与えるのでおすすめです。また、上品なブルーやフリル付きの羽織ものなどもおすすめです。花嫁より目立ってはいけませんが、新郎新婦の晴れの舞台ですから、衣装選びには細心の注意を払いたいものです。

《まずは、色を決めましょう》
最初に決めたいのが、何色を基調としたドレスを着るかです。着る方の年齢にもよりますが、紺色や上品なブルー、または淡いピンクなどが人気です。20代であれば、少し明るいピンクを基調として、羽織ものやバッグに落ち着いた黒を合わせることで、若さと落ち着きを演出することができるでしょう。逆に、暗めの色で統一してしまうと、かえって落ち着きすぎた印象を与えかねないので、華やかな式場ではかえって目立ってしまうかもしれません。30代以降、もっと年齢を重ねたうえで、紺色や淡いベージュ、肌にあった薄いピンクなどを基調とするのが良いでしょう。毛皮や革製品は、NGです。理由として、殺生をイメージさせるものであるからとされています。イメージもありますが、披露宴会場では、多くの方が食事をされる場所でもあるため、毛皮やファーであると、その毛が抜け落ち、料理の中に落ちたり、人の口に入ってしまう場合がありますので、避けたほうが良いとされています。また、花嫁のお色直し後の衣装と色がかぶってしまう事も避けたいものです。可能であれば、事前にお色直し後の色を確認しておくとよいでしょう。