目指せフォーマル美人!ドレスの上品な着こなし方

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 目指せフォーマル美人!ドレスの上品な着こなし方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
目指せフォーマル美人!ドレスの上品な着こなし方結婚ポジティブプロジェクト

最近、結婚式で「水商売の方?」と聞きたくなるような着こなしの方、増えていませんか?「昔と違って、今はマナーもそんなに厳しくなくて大丈夫」という声も見受けられますし、お洒落に装いたいという女心も判りますが、冠婚葬祭の場でお水系のいで立ちはいただけません。大人の女性の上品な着こなしで、お水系とは一味違うフォーマルなお洒落を楽しみましょう。

重要なのは、露出度!長いスカートは野暮ったい。足が太く見える。だからいつもミニスカートなのという貴女。フォーマルの場では、成人した女性は膝を隠すものなんです!膝小僧がぎりぎり隠れるくらい、もしくはふくらはぎが半分隠れるくらいのスカート丈は、女性を上品にお嬢様のようにみせてくれますよ。服装は、昼ならばアフタヌーンドレスが最適になります。

アフタヌーンドレスとは、胸元があまり開いていない、ひざ丈もしくはふくらはぎの半分の丈の、上品なワンピースタイプのドレスの事。これに、7分丈くらいのボレロを合わせ、光らないアクセサリーをつけるのが、昼のお式でのベストな服装になります。平服でお越しくださいと招待状に書いてある場合やカジュアルな披露宴でしたら、袖の短いタイプの華やかなドレスやきれいめのワンピースにショールなどで二の腕の半分程度まで隠すというスタイルでもOKとなります。肩が丸出しになるのはNG。

特にチャペルウェディングの場合、肩が丸出しになるようなドレスだと入場を拒否され、式場に用意されている上着を羽織る事になりお洒落台無しという場合もありますのでご注意ください。脚はベージュのストッキングと、つま先のでないパンプスを。ミュールやサンダルでは、一気にコーディネートの品が下がってしまいます。正装を指定された場合には、女性はかかとの隠れるロング丈の、胸元のあいたロングドレスが正装になりますが、正装指定の結婚式は現代では一般的ではありません。

正装時以外は、長すぎるドレスはかえって下品なコーディネートになってしまう場合がありますので避けた方が無難でしょう。素敵なドレスで上品に装って、フォーマル美人を目指しましょう!