結納はもう古い

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結納はもう古い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結納はもう古い結婚ポジティブプロジェクト

結納をしなくても、良い時代が来た!?

結婚に際して、お互いの両親の元へそれぞれに挨拶に出向く結納。昔は結婚の伝統行事として重んじられていたこの行事ですが、費用と手間暇がかかってしまうというのと、堅苦しい儀式を嫌う昨今の世情も手伝ってか、近年はないがしろにされがちです。結納はしないが挨拶はする!?数年前のある調査では、結婚した夫婦の実に7割が「結納はしない」と回答しています。では、まったく互いの両親と面識がないかと言えばそういうわけではなく、結納とはしないとはいえで、互いの両親との顔合わせ、食事会など、交友を図る機会はきちんと設けています。堅苦しい儀式を嫌うとはいえ、決して親交を深めたいという意志がないわけではないという、世代の価値観が読み取れます。

顔合わせはやっぱり必要

また、地域別で見てもある程度差が出ているのも特徴です。九州の方になると、結納に対しては積極的で、伝統を重んじた形式重視の儀式を行う傾向にあります。単に顔を合わせるだけではなく、食事会の席に魚やお酒を持ってきたりと、儀式に対する情熱が読み取れます。一方で北海道などの場合では、食事会のみで済ませるなど、簡素化の傾向が見て取れます。親交を深めたくないわけではないとはいえ、だからと言って両親の親密さに北と南で差があるかと言うと、そういう意味ではありません。単にしきたりの質が違うというだけであって、基本的に「結婚したら、互いの両親は顔を合わせるべき」という考え方はどこでも同じです。ただ、結納をする・しないに関してはある程度の地域性がありますから、あまり互いの両親の住む地域が離れていると、その点に関して両者の相違が出る場合もあるかもしれません。ひどい場合はそれが不和につながってしまうかもしれませんが、両者で意見が割れるようなのであれば、基本的には「行う」という意見を尊重するのがベストでしょう。近年は、多忙な人が多いですから、したくてもなかなか儀式を行うところまでいけないという家族も多いはずですから、上手に折り合いをつけながら、食事会を行うと言った顔合わせの場は上手にセッティングできるようになりましょう。