地域によって大きな差。結納のアレコレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 地域によって大きな差。結納のアレコレ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
地域によって大きな差。結納のアレコレ結婚ポジティブプロジェクト

結納とは、結婚式の前に両家で集まり、お互いに今後親戚としてお付き合いしましょうという縁を結び、贈り物をしあう儀式。正式には縁起物と記念品、結納金を贈り、相手方がお返しを渡しますが、最近では略式にして記念品のみ交換し、両家の顔合わせ食事会を一緒に行うという方も増えています。

作法や文化が両家で大きく違う場合も多くありますので、事前の相談が大切です。両家でしきたりが違う場合はどうすればいい?しきたりは、関東と関西、地方、また同じ地方でも地域によってまったく違うということがよくあります。しきたりが違う場合には、男性側(婿養子の場合は女性側)に合わせる、すり合わせて行うなど、両家でよく話し合いましょう。

こだわりがない場合には、相手方に合わせる方がうまくいきます。するしない、金額などは、基本的には女性側が先に打診するものとされますので、新婦から新郎に相談し、新郎からご両親に新婦側の意向を伝えどうするか相談という形にすると良いでしょう。

「こうするのが常識、普通」などと決めつけず、「我が家の地方ではこういう風に行いますが、そちらではどのようなしきたりですか?」などとやんわりとお互いの文化をすり合わせることをおすすめします。

準備するものや会場は?昔は女性側の自宅で行われることが多かったのですが、最近では料亭やホテルでという方がほとんどです。専用のプランを用意している会場もありますので、事前に相談しておくと良いでしょう。

日程は、挙式の3~6カ月前の吉日を選びます。吉日というのは、六曜でいう大安、友引、先勝の午前、先負の午後のこと。そんなのは気にしないという方も増えていますが、年配の方は「せめて仏滅は避けて」という場合もありますのでご両親に確認してください。

必要な品物は、男性側は縁起物5~9品目。これはデパート等で揃えられます。婚約記念品の婚約指輪や時計、およびお金です。金額は相談になりますが、50~100万円というのが一般的です。女性側は、お返しに時計やスーツ、ビジネスカバンなど男性が身につけるもの、また男性側の半額程度のお金になります。

ただしこちらも、正式にするか略式にするか、またしきたりによって準備するものが違ってきますので、平均的にはという品物よりも両家の納得するものを準備すると良いでしょう。両家が親族になるための第一歩。お互いの意見を合わせるのは大変でしょうが、よく話し合うことはつながりを深める機会ととらえると、面倒さも少し減るかもしれませんね。