お金がかかる結納

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お金がかかる結納
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
お金がかかる結納結婚ポジティブプロジェクト

昔とは違い最近では様々な形の結婚式が増えており、若い世代になればなるほど、堅苦しい儀式はしたくないというカップルが増えているようですもちろんそのような儀式を省いてしまったほうが、時間もお金も節約になるのですが、家族特に親御さんからすると、あまりにも簡略化しすぎて物足りないと感じてしまうことも多いのです。

その代表とされるのが「結納」ではないでしょうか。昔は当たり前と考えられた結納は、現代においては両家の食事会などに省略してしまうことがほとんどです。しかしこの儀式に必要とされるものはたくさんあるため、その分費用が掛かってしまうのも無理はありません。

目録・長熨斗・金包・勝男武士・寿留女・子生婦・友白髪・末広・家内喜多留といった9点が男性側が用意しなければいけないもので、だいたい4万円から20万ちょっとほどかかります。またこの際に男性から女性側に対してお金が贈られるのですが、目安としては給料の2~3カ月分なので、もしも支払うとなれば男性側は80万から100万といった結構な大金を結婚前女性側に贈らなければならないのです。

しかし、両家からの同意があれば贈らなくても大丈夫です。もしも女性側がお金を受け取ったのであれば、お返しということで半額程度の金額を渡すようですが、これも済んでいる場所のしきたりや風習によってかわってきますので、もしも出身地が違う人と結婚する場合には、しっかりと相談して両家で取り決めていくことが大事になってきます。

すべての段取りが滞りなく終わればその後会食に進みますが、ホテルや結婚式場で執り行う場合には、一人1~2万の料理を見積もります。新郎、新婦両家の両親や家族、または仲人さんも含めると、10万以上の予算が必要になる場合もあります。このようにすること多く、お金もかかる結納ですので、ちゃんとしたいという人は別ですが、最近の若い人たちは両家が知り合うための食事会などで済まし、カジュアルな感じで結婚をすることが多いようです。