婚約したけど、今までとなにも変わらない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 婚約したけど、今までとなにも変わらない?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
婚約したけど、今までとなにも変わらない?結婚ポジティブプロジェクト

彼からのプロポーズを受け、婚約指輪も貰ったけれど、今までと何かが違うわけでもなく、2人だけの口約束ではなんだか不安だという方も少なからずおられると思います。今までの生活とそれほど変化のないものであれば、そう思うのも当然かもしれません。そんな不安を取り除き、公に婚約を認めてもらうための儀式が、結納です。

《親戚付き合いの第一歩》
最近では結納を行わないという方も増えてきていますが、結婚する2人は良いとしても、両親としては、家族になることのきっかけともなりますし、結婚する2人が改めて決意を固める場ともなりますので、2人だけで決めずに両親とも話し合った方が良いでしょう。その際に決してただの挨拶ではないため、なにかと準備に手間がかかるうえ、お金もかかります。予算として、安くても5万円から、凝ったものにすると20万円ほどとなります。あとに控える結婚式や披露宴、新婚旅行などを考えると、なるべく節約したいところです。もちろん、儀式自体は、2人の婚約を互いの両親が認めるという事が目的ですので、形式にとらわれない形としてもなんら問題はありません。

《お食事会で済ませるケースもあります》
最近では両親を誘ってお食事会で挨拶するというケースも増えています。レストランや料亭など、細かい決まりはありませんが、互いが集まりやすい場所、時間は確かめておきましょう。結婚式会場の下見も兼ねて、式場のレストランを利用するという方も増えていますので、こちらもおすすめです。食事も特に決まりがないので、両家が好きな食べ物で良いでしょう。予算は一人当たり1万円前後が多く、食事代自体は両家がそれぞれ自分たちの分を払うケースが多いようです。男性側は、略式でも構わないので結納品を用意しておきましょう。略式の場合、婚約指輪や記念品で済ませるという場合もあります。結婚を約束しからには、お互いの家族を含め、コミュニケーションをしっかりと取りながら、着実に結婚に向けて歩んで行きましょう。