もはや結納なしが普通!?結婚のしきたり

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - もはや結納なしが普通!?結婚のしきたり
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
もはや結納なしが普通!?結婚のしきたり結婚ポジティブプロジェクト

貴方は結婚の前に結納をおこないましたか?貴方のまわりで、結婚する前に結納をしたという方はどのくらいいますか?実は、全国的には「しない」という方が激増中な事をご存じでしょうか。地方別に実施率を見てみると、最もする率の高い九州地方でも約50%と、2組に1組程度の実施率となっています。最も実施率の高い地方でも半数がしない事を選んでいるというのは、びっくりしますね。

実施率が最も低いのは北海道で、6組に1組程度。首都圏や東海地方では5組に1組程度と、こちらもかなり低い実施率になっています。北海道は合理性を良しとする文化が色濃くある事、首都圏では全国各地から進学や就職で集まる方との出会いがあるため両家が遠すぎる事があるといった理由が、実施率の低い原因となっていそうです。

しない理由は?結納をしない理由としては、「面倒くさい」「お金がかかる」「両家が遠いので負担が大きい」「堅苦しいのが苦手」「両家のしきたりが合わず、しないほうが無難そうだった」といった回答が多く見受けられます。確かに、するとなれば両家で日時を決め、会場や記念品、縁起物を支度し、両家一同揃って行わなければなりません。お金も時間もかかる為、その時間を結婚式や新居の準備に使いたいという方も多い様子です。しない代わりに、顔合わせの食事会をしたという方も。

これも、個室の高級和食店を予約したという方から、どちらかの自宅で集まって手作りの食事を食べたというアットホームなものまでさまざま。これから親族になる方たちと顔を合わせ、話をして関係を深めるという一番大事なところさえ押さえていれば、形式にはこだわらなくともよいというお家が増えているようです。

逆に、してよかった!という方の中には「きちんとけじめをつける事で、結婚に真剣になれた」「略式にし、記念写真を撮った程度だが、一生一度の事で後からしようと思ってもできないので思い出に残る」といった意見も。結納をするかしないかについては、両家でよく話し合って、後悔の少ない方法を選ぶのが良いようですね。