「ドレスは購入する?それともレンタルで済ます?」

結婚式で女性が着るものといえばドレスです。日本では普段着る機会が少ないため、結婚式ではそれを楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。花嫁の立場、もしくはゲストの立場の人は、購入するものなのか、それともレンタルで済ましているのか、少し気になるところです。実際はどうなのか、見ていきましょう。

まずは花嫁の立場から見てみます。ウェディングドレスは購入したのか、レンタルしたのかを調査すると、大半の人がレンタルで済ましたことがわかりました。85%近くの人が貸し衣装で済ませたという結果です。

これは費用ではなく、購入してもその後着る機会がない、置き場所に困るといった理由が多く挙げられておりました。購入した人は、15万円から20万円程の費用がかかったのに対して、レンタルは20万以上から25万以上と、レンタルの方が費用がかかっているのです。

購入した人は、自分の体にぴったりのものをオーダーメイドで作りたい人、とにかく自分好みのものを作りたい人というように、強いこだわりを持った人が多いようです。次にゲストの立場ではどうでしょうか。これは大半の人が購入する方を選んでおりました。中には、レンタルで借りられることを知らないという人も多くいらっしゃいます。

花嫁とは違い、購入したとしても15,000円前後で済むということもありますし、今後招待されることも多いので、自分で買う人が多いのです。ただ、結婚式では写真を撮りますので、毎回同じものを着るわけにはいきません。つまり何度も呼ばれる可能性がある人は、費用の負担が大きくなってしまいます。

レンタルですと、その時の流行りのものを選べる事、自分の体形の変化に対応できる事がメリットです。費用も10,000円以下で済みますので、おすすめの手段です。花嫁の人は一度しか着ないのでレンタルで済ます、ゲストの立場の人は何度か着る可能性があり費用もそこまで高くないので購入する、という傾向が強いことが分かりました。

どちらがよいということはありませんので、自分の財布の状況と相談しながら、自分に合った方法を採るのが良いでしょう。

「結婚指輪の相場と選ぶ基準」

結婚すると当たり前のようにどの夫婦も結婚指輪を購入し、身に付けております。実に世の中の97%以上の人が購入していることが分かりました。実際にみなさんは、いくらぐらいの費用をかけて購入しているのか気になる方もいるのではないでしょうか。またどんなことを基準に選んでいるのかも気になるとことです。まずは実際の相場はいくらぐらいなのか、見ていきましょう。

費用の相場で一番多いのは、10?20万円となりました。つまり、夫婦で合わせて20万円から40万円の費用がかかることになります。二人合わせての平均費用は20万円弱となることが多いようであり、一人当たり10万円前後が最も一般的な相場となるということです。

婚約指輪も購入しなければなりませんし、そちらの方に費用がかかってしまう傾向があります。また結婚するのは20代から30代と若い世代となるため、あまりお金に余裕もありません。結婚式もあり、新婚旅行などいろいろと費用がかさむことが多いので、妥当な価格が10万円弱となるようです。次に、費用以外で選ぶ基準は何なのか見ていきたいと思います。

一番はやはりデザインです。毎日身に付けるものですし、アクセサリーでもあります。やはりおしゃれなものを選びたいと思う人が大半を占めました。他には、素材を重視するという人もいらっしゃいます。特に人気なのが、プラチナとなっております。また、はめやすさや着け心地といった、実用性を挙げている人もおります。

毎日はめるものだからこそ、自分の指に合ったもの、家事をするにあたって邪魔にならないか、といった現実性を重視する人もいるようです。変わった意見として、金属アレルギーを基準とする人もいらっしゃいます。少数ではありますが、稀に自分の体質に合わない素材がある場合は、それを避けて購入するそうです。

結婚指輪は一生に一度の買い物なので、後悔しないように選びたいものです。自分の経済状況を把握した上で、どれぐらいの費用をかけられるのかを確認しましょう。その上で自分が重要視する基準を整理して、そこから選ぶのがよりよい方法でしょう。

結婚式に向けての結納

二人の中では結婚の決意も固まり、いよいよ結婚式に向けて準備を開始!といきたいところですが、忘れてはいけないのがそれぞれの両親の存在です。今時結納なんてと片付ける前に、今後の生活を考えて慎重に決めましょう。

一昔前までは当たり前のように行われていましたが、最近では「そんな堅苦しいことをしなくても」と考えるカップルが増えています。実際、あるアンケートによると、しない派が7割と、今では圧倒的多数になります。

以前は「結婚」イコール「家と家との結びつき」という考え方が一般的でしたが、その伝統自体がなくなりつつあるようです。また、きちんとした結納を行うとなると、それなりに費用もかかります。昨今の経済危機も影響してか、できるだけお金のかかることはしたくないというのも本音のようです。

ただし、若い世代のカップルは気にしなくても、親御さん世代の本音は少し違ったりもします。両家が気持ちよく子供たちを送り出せるように、できるだけ両親の意向に合わせるのが良いでしょう。ちなみに、有能の実施率ナンバーワンは九州地方です。

地域や家によってもさまざまな伝統がありますから、それぞれのしきたり合わせて行うと良いでしょう。逆に実施率が最も低いのは北海道で、約15%にとどまります。北海道の人たちは、披露宴や引出物にもあまりお金をかけないという地域性がありますから、それが結納にも影響しているようです。

また、首都圏や東海地方、関西地方と都市部での実施率の低さが目立ちます。地域や家によっても、しきたりには大きな違いがあります。両家で考え方が異なる場合は、男性側のご両親を立てることが多いようです。あとあとしこりが残らないためにも、しっかり各家庭の考え方やしきたりを理解して、その上で納得のいく形を選びましょう。

結婚は人生の新たな幕開けです。今までお世話になった両親と、これからお世話になる新しい家族の両方を配慮して、気持ちよく二人の生活をスタートできたらいいですね。

結婚式にふさわしい髪型とは?

結婚式での服装を考えるときに、忘れてはいけないのがヘアスタイルです。せっかく全身のコーディネートが決まっていても、髪型が適当では台無しです。お祝いの場にふさわしいステキな髪型で、周りも自分も安心できるように、気をつけるべきポイントを押さえておきましょう。女性の場合、服装以上に目が行きやすいのがヘアスタイルです。

フェミニンな雰囲気を出そうとして、ダウンスタイルで出席してしまう方も多いようですが、実はあまりよくありません。特にセットの仕方次第では、手を抜いている、きちんと準備されていないといった印象を与えてしまいます。よっぽどきちんとセットできる自信がある場合を除いて、できればアップスタイルやハーフアップスタイルを選びましょう。

簡単なアレンジで意外に華やかさが出せるのでおすすめです。ただし、あまりに力を入れてセットしすぎて花嫁さんよりも目立ってしまってはいけません。当日の主役はあくまで花嫁ですから、招待客としてふさわしい立ち位置を考えましょう。例えば、アップスタイルにコサージュなどを着けてしまうと、場合によっては新婦と重なってしまうことがあります。

また、気合を入れて、きれいな夜会巻きにしたら、新婦と同じスタイルになってしまったなんてこともあるものです。きちんと感や準備された感は必要ですが、逆に走って派手になりすぎないように気をつけましょう。では、失敗のないセットのために、どんな準備ができるでしょうか。

今はインターネットなどでさまざまなアレンジが紹介されているので、「自分でできそう!」と思うヘアスタイルもけっこうあります。ただ、当日の朝起きたら寝癖がひどくて思うようにセットできずに戸惑うという危険性もあります。それに対して、セットのプロである美容師さんにお願いさえしておけばそういった心配は必要ありません。

少なくとも、当日セットに失敗して一日中憂鬱な気持ちで過ごすことは避けられます。それでも自分でやりたいという場合は、事前にしっかり練習しておくなどの事前準備が必要です。主役でなくゲストであったとしても、特別な日にお祝いの気持ちが込められるように、髪型にも気を付けて出席したいですね。

結婚式のお呼ばれドレス

せっかくのご招待、可愛いドレスやワンピースでお祝い気分を盛り上げたいものですね。でも、だからといって場違いな服装でひんしゅくを買いたくはありません。自分も着ていて気持ちよく、かつお祝いの場にふさわしい服装の選び方を考えましょう。

一口に結婚式といっても、式を挙げる場所や、会場の雰囲気によって大きな違いがあります。その式がどんな所で、どんな規模で行われるのかなど、できるだけ具体的な情報を集め、式当日をイメージしましょう。もちろんそうは言っても共通のマナーというものがあります。

例えば、ドレスコードが平服でとなっていたら、それは「準礼服」や「略礼服」のことです。間違って普段着で行ってしまい、恥ずかしい思いをした…なんてことにならないように気をつけましょう。招待状を見ても、ちょっとよくわからないという場合は、一人で悩まず、一緒に出席するお友達や知人に確認してみましょう。

女性の場合、最低限のマナーとして、適度なドレスアップが必要になります。もちろん、主役の花嫁を超えるような、過度に派手な格好は望ましくありませんが、会場に花を添える存在になれたらいいですね。同じように考えると、メイクもきちんと感を出しつつも、派手すぎない仕上がりにすればOKです。さて、肝心のドレスですが、昼と夜とで違いがあります。

昼の式の場合、礼服であればアフタヌーンドレス、またはスーツ・ワンピースかツーピースになります。また、準礼服であればデイタイムドレスです。アクセサリーは基本的には光るものは避け、パールなど落ち着きのあるものを選びます。また、黒のタイツや柄タイツはNGです。ベージュのストッキングに5cm以上のヒールが基本です。

もちろん、花嫁さんのカラーである白はタブーです。また、クリームベージュやシルバーなどのものも、明るい小物と一緒に身に着けると、全身が白っぽく見えてしまいますから気をつけましょう。夜は、礼服としてはイブニングドレス、略礼装はカクテルドレス、ディナードレスとなります。

注意したい点として、夜の式では昼の式とは逆で、ダイヤモンドなどの宝石類がふさわしいアクセサリーになります。間違えないように気をつけましょう。ゲストは式の主役ではありませんが、新郎新婦をお祝いする気持ちを込めて、きちんとした服装で望みたいですね。

結婚式のためのイマドキ指輪事情

結婚指輪といえば、夫婦がそろってお揃いのものを着けるというのが定番でしたが、実は最近その定番が変わりつつあるようです。今までは、婚約指輪は男性が自分で選んでサプライズで贈るのが一般的でした。そして、結婚指輪は基本的には女性の意見を重視して、女性が着けたいデザインに決めるというカップルが多数派でした。

ところが、最近では婚約指輪さえ、二人で一緒に見て決めるというカップルが増えてきています。あるアンケートによると、従来通り、サプライズのプロポーズがいいという女性が32%なのに対して、一緒に気に入ったデザインの婚約指輪を選びたいという女性が53%でした。

そのため、最近ではそんな女性のワガママを叶えるユニークなサービスも行われるようになりました。このサービスでは、サプライズのプロポーズで使用するための宝石と仮リングを男性に渡します。プロポーズが終わったら、改めて二人で店頭に出向いてもらい、デザインを二人で一緒に決められるというものです。

結婚指輪というと、夫婦でお揃いのデザインのものを購入するという意識がありましたが、実はそういった決まりがあるわけではありません。最近流行している選び方は、二人で店頭にやって来て、お互いが自分のお気に入りを見つけるというものです。その際、これからの覚悟や約束、思い出を込めて、指輪の内側にお揃いの宝石を埋め込むシークレットストーンが人気です。

この際、指輪に二人の誓いや願いを込められるように、そのメッセージと合った宝石を使います。宝石に意味を込めたものとして誕生石がありますが、それ以外にも、気に入った宝石を選んで、お互いへの想いを贈り合うといったこともできます。余談になりますが、結婚式当日に指輪交換の際に、指がむくんでしまって指輪が入らないなんてことが時たまあります。

そんな残念なことにならないように、式の前に手を冷やさないように気をつけましょう。特に、冬の結婚式ではウェディングドレス姿でずっといるだけで体がどんどん冷えてしまいます。手をお湯につけたり、ホッカイロを握ったり、手袋をはめるなどの工夫をして、血流を良くしておきましょう。

結婚指輪は、一生ものですから、二人でよく相談して、お気に入りの、ステキな一品を選びましょう。

お金がかかる結納

昔とは違い最近では様々な形の結婚式が増えており、若い世代になればなるほど、堅苦しい儀式はしたくないというカップルが増えているようですもちろんそのような儀式を省いてしまったほうが、時間もお金も節約になるのですが、家族特に親御さんからすると、あまりにも簡略化しすぎて物足りないと感じてしまうことも多いのです。

その代表とされるのが「結納」ではないでしょうか。昔は当たり前と考えられた結納は、現代においては両家の食事会などに省略してしまうことがほとんどです。しかしこの儀式に必要とされるものはたくさんあるため、その分費用が掛かってしまうのも無理はありません。

目録・長熨斗・金包・勝男武士・寿留女・子生婦・友白髪・末広・家内喜多留といった9点が男性側が用意しなければいけないもので、だいたい4万円から20万ちょっとほどかかります。またこの際に男性から女性側に対してお金が贈られるのですが、目安としては給料の2~3カ月分なので、もしも支払うとなれば男性側は80万から100万といった結構な大金を結婚前女性側に贈らなければならないのです。

しかし、両家からの同意があれば贈らなくても大丈夫です。もしも女性側がお金を受け取ったのであれば、お返しということで半額程度の金額を渡すようですが、これも済んでいる場所のしきたりや風習によってかわってきますので、もしも出身地が違う人と結婚する場合には、しっかりと相談して両家で取り決めていくことが大事になってきます。

すべての段取りが滞りなく終わればその後会食に進みますが、ホテルや結婚式場で執り行う場合には、一人1~2万の料理を見積もります。新郎、新婦両家の両親や家族、または仲人さんも含めると、10万以上の予算が必要になる場合もあります。このようにすること多く、お金もかかる結納ですので、ちゃんとしたいという人は別ですが、最近の若い人たちは両家が知り合うための食事会などで済まし、カジュアルな感じで結婚をすることが多いようです。

TPOに合わせた髪形を

普段なかなか着ることのできない華やかなドレスを着られるのは、結婚式ではないでしょうか。ウェディングドレスは花嫁をきれいに演出しますし、招待客の女性も少しオシャレな洋服を着ることで気分も盛り上がります。

しかし、着る服は決まったものの、洋服に合う髪形を探さなければいけません。ヘアスタイルは和装や洋装によって変わりますが、あまりにも普段と変わらないような髪形はおめでたい日にはふさわしくありません。

どんな時代でも式だけではなく、披露宴や二次会などで人気の花嫁ヘアスタイルはアップスタイルです。アップにすることでデコルテや背中をしっかりと強調することができますし、ウェディングベールとの相性も大変いいとされています。

それと同時にアップスタイルにはバリエーションがとても多いため、夜会巻などシンプルなものから、人目をぐっと引くような豪華なアレンジもできるのです。その他にもハーフアップやダウンスタイルなどもありますが、すべてドレスとの相性次第と言えるでしょう。

そして最近流行っているのが和装ですが、和装の場合には生け花や大きなかんざしなど、かなり派手目なものを飾りに使用することで着物の色気を出すことができます。着物の場合はうなじや横顔などを美しく見せるため、アップスタイルが一番のおすすめです。

そして結婚式にゲストとして呼ばれているのであれば、ダウンスタイルは避けたほうがいいでしょう。ヘアスタイルは一番目に付くところですので、ダウンスタイルは少し砕けた印象を与えがちです。TPOにふさわしい髪形ということを考えるならば、きちんとセットされているアップスタイルが無難でしょう。

最近で美容院などに行かずに、自分でセットできるようネットなどでも様々なヘアスタイルの方法が紹介されているので、少し練習してみるのもいいでしょう。しかし、どれだけオシャレに気を付けていたとしても、花嫁よりも派手なアクセサリーなどは絶対に避けましょうね。

NGドレスを避けよう

友達、同僚、家族などが結婚するということで招待された場合、女性がまず考えるのは「何着て行こう」ではないでしょうか。結婚式は華やかでめでたい場所ですし、様々な方が招待客として集まるためマナーなどにも気をつけて、ふさわしい格好をする必要があります。

よく知られているNGとされる格好は全身が白っぽい服装です。白は花嫁さんの色とされているので、白でなくてもクリームやベージュ、シルバーなどももしもドレスだけを身につけるということであれば避けたほうがいいでしょう。

しかし、濃い色のバッグやクツを身につけたり、ボレロなどを暗めの色などで合わせるというコーディネートをすれば大丈夫な場合もあります。白いワンピースなどを着て行ってしまうと親族や友人から注意をされたりなど、恥ずかしい思いをしてしまうこともあるのです。

また最近は、特に若い人は結婚式に黒いドレスで行くことが多いようです。黒は落ち着きや控えめな印象を与えますが、全身真っ黒なコーディネートも良くありません。なぜかと言うと喪服をイメージさせるからです。

せっかくの華やかな場面ですので、服装も黒を基調にしつつも、羽織ものやアクセサリーバッグなどは明るい色と合わせることができます。みんなが黒や重たい色ばかり選んでしまうと、会場の雰囲気も重たくなってしまいます。

そして足に自信がないからと、黒のタイツやカラータイツ、網タイツ、そして素足はNGです。せっかく選んだドレスが素敵でも足元に気を配らなければマナー違反になってしまいます。当然のことながらブーツもNGです。ベージュのナチュラルストッキングに5cm以上のヒールを選びましょう。

このように避けるべき服装や色などを頭に入れておき、あとは自分の体型、年齢などに合わせて選んでいきましょう。自分が目立つことではなく、華やかながらも慎みのある服装を心がければ、結婚式に華を添えることができますし、楽しい思い出を作ることができるはずです。

指輪交換は結婚式のクライマックス

注目を一気に浴びることになる指輪交換。結婚式の中でもクライマックスの瞬間といえるのではないでしょうか。もともと日本では神前式、仏前式が行われていて、日本の習慣に指輪を交換するという儀式は習慣づいていませんでした。

しかしこのリングを交換するという習慣の歴史は2000年以上も前に遡ると言われています。まずは古代エジプトで石や貝殻などを利用し心臓と、左手薬指に流れる血管がつながっているということで、左指にリングをはめることが始まりました。

その後13世紀~16世紀にかけて結婚式でリング交換が行われることが定着し、この習慣が日本に伝わったのは戦後ではないかと言われています。この大切な瞬間を演出するには欠かせないリングですが、どんなものを購入するのかは、婚約した後、式までの2~3カ月前までには決めておいたほうがいいようです。

最近では世界に一つだけのオーダーメイドの物を作ってくれるところもありますが、人気も高いため早めに予約、もしくは制作しないと式の日に間に合わないということもあり得るのです。人気の商品として、日本人はあまり派手なものを好まないため、素材は落ち着いたプラチナが人気です。

準備などで忙しいかもしれませんが、結婚式の前にはしっかりとサイズを確認しましょう。式のためにダイエットをして指も細くなっていることもありますし、制作の際に微妙なサイズ違いなどが出てくる場合もあるからです。また記念簿や名前の刻印なども忘れずにチェックしておきたいところです。

しかし、最近では式でリングの交換をしない人も増えているんだとか。お互い仕事やアレルギーなど、何かしらの理由でアクセサリーは身につけないため、式のためだけに購入するのはもったいないと思うようです。もちろんリング交換するかはそれぞれのカップルの自由です。

しかし、もしその日だけ雰囲気を味わいたいと思う場合指輪のレンタルなどもできるようなので検討してみるといいかもしれませんね。