結婚式のためのイマドキ指輪事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式のためのイマドキ指輪事情
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式のためのイマドキ指輪事情結婚ポジティブプロジェクト

結婚指輪といえば、夫婦がそろってお揃いのものを着けるというのが定番でしたが、実は最近その定番が変わりつつあるようです。今までは、婚約指輪は男性が自分で選んでサプライズで贈るのが一般的でした。そして、結婚指輪は基本的には女性の意見を重視して、女性が着けたいデザインに決めるというカップルが多数派でした。

ところが、最近では婚約指輪さえ、二人で一緒に見て決めるというカップルが増えてきています。あるアンケートによると、従来通り、サプライズのプロポーズがいいという女性が32%なのに対して、一緒に気に入ったデザインの婚約指輪を選びたいという女性が53%でした。

そのため、最近ではそんな女性のワガママを叶えるユニークなサービスも行われるようになりました。このサービスでは、サプライズのプロポーズで使用するための宝石と仮リングを男性に渡します。プロポーズが終わったら、改めて二人で店頭に出向いてもらい、デザインを二人で一緒に決められるというものです。

結婚指輪というと、夫婦でお揃いのデザインのものを購入するという意識がありましたが、実はそういった決まりがあるわけではありません。最近流行している選び方は、二人で店頭にやって来て、お互いが自分のお気に入りを見つけるというものです。その際、これからの覚悟や約束、思い出を込めて、指輪の内側にお揃いの宝石を埋め込むシークレットストーンが人気です。

この際、指輪に二人の誓いや願いを込められるように、そのメッセージと合った宝石を使います。宝石に意味を込めたものとして誕生石がありますが、それ以外にも、気に入った宝石を選んで、お互いへの想いを贈り合うといったこともできます。余談になりますが、結婚式当日に指輪交換の際に、指がむくんでしまって指輪が入らないなんてことが時たまあります。

そんな残念なことにならないように、式の前に手を冷やさないように気をつけましょう。特に、冬の結婚式ではウェディングドレス姿でずっといるだけで体がどんどん冷えてしまいます。手をお湯につけたり、ホッカイロを握ったり、手袋をはめるなどの工夫をして、血流を良くしておきましょう。

結婚指輪は、一生ものですから、二人でよく相談して、お気に入りの、ステキな一品を選びましょう。