婚約から結婚式まで、その証のリングはどう選べばいいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 婚約から結婚式まで、その証のリングはどう選べばいいの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
婚約から結婚式まで、その証のリングはどう選べばいいの?結婚ポジティブプロジェクト

結婚の象徴ともいえる婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は、実は宝石の種類や価格まで、まったく違うものだという事を知っていますか?プロポーズを決めてから、結婚のその日まで、2人の愛の証となるリングですから、きちんとした準備して、幸せな結婚式を迎えたいものですね。そんな大切なリングの事ですから、どういったものが喜ばれるのぜひ知っておきたいですよね。

《エンゲージリングはダイヤモンドが定番》
エンゲージリングは、婚約の証として、男性から女性に渡すリングですが、既製品であったり、いくつかのパターンから選ぶセミオーダー、または世界に1つだけのオーダーメイドと様々なデザインから選ぶことができます。ジュエリーブランドショップに相談し、予算からどういったものが良いか、検討するとよいでしょう。最低でも2店舗は回って、比較したいものです。中でも人気なのが、やはりダイヤモンドを使ったリングです。ダイヤモンドは、最も硬い石として、2人の固いきずなを。光り輝く姿から、純粋な愛や想いを表すのにもっとも適した宝石とされています。しかし、やはり値段が張るものですから、慎重に選びたいものです。宝石を決めて、土台となる素材を決めて、何カラットで、どのようにカットしてもらうか。予算は、平均で30万ほどとされています。よく、給料の三カ月分とされますが、最近ではそれほど高価なものでなくてもよいとされています。相手に喜んでもらうため、気持ちを伝えるためにも、心血を注いで選ぶよう心がけましょう。

《マリッジリングはお互いの愛の証》
結婚式で交換し、互いの愛を誓いあうためのマリッジリングは、実はエンゲージリングと比べると予算は抑えめの場合がほとんどです。普段から指にはめておくこともあり、派手な装飾のものは好まれず、シンプルなデザインが人気です。リングの内側に、記念日、互いの名前などを掘ることで、世界に1つだけの2人の愛の証となりますが、実は作るのに結構時間がかかります。エンゲージリング同様、既製品から選んだり、セミオーダー、オーダーメイドと、様々ですが、オーダーメイドとなると2カ月ほどかかることもありますので、式の予定が決まる前にはめどが立っているようにしたいものです。ちなみに、マリッジリングの予算は、2つで30万円前後が平均的ですが、前述したエンゲージリングもそうですが、金額がすべてではありませんので、できる範囲での気持ちが伝わる記念品にしましょう。